「痛みを抑えた」虫歯治療|パール歯科クリニック|下高井戸駅/桜上水駅近く

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日
24時間受付中 WEB予約 電話での予約

メイン画像

痛みを抑え」「削る量を最小限に」「神経を守る」治療。
これが当院のモットー。

患者様の負担を少なく、
そして、歯の寿命を延ばすことが、
私たちの使命。

あなたにとって、重要視したいことは何ですか?

虫歯治療は「痛い」「歯を削る」「神経を抜く」治療が伴います。
当院ではこれらのことを、可能な限り負担を少なく、そして最小限で対応しております。

下記項目で興味があるボタンを押してご確認下さい。

自信があります!-可能な限り「痛みを抑えた」虫歯治療

昔と違い、「虫歯治療は痛みがつきもの」という時代ではなくなりました。
当院では、可能な限り痛みが出ない方法で治療をしています。

痛みなく治療ができる
「ウォーターレーザー」(適用症例は限定)

ウォーターレーザー

レーザーは神経を一時的にマヒさせる効果がありますので、「麻酔注射」を利用せずに治療が可能になります。
また感染部位のみを効率的に除去していきますので、治療時間を短縮される効果もあります。

歯科用レーザーには様々なものがありますが、当院では「ウォーターレーザー」を利用しています。

また、レーザーでは対応できず、麻酔注射をすることもありますが、その際でも、麻酔をする際の痛みを最小限に抑える工夫も行っています。具体的なステップをご紹介します。

注射時の痛みを軽減させる3Step法

表面麻酔
Step1.表面麻酔

注射する部分に事前に麻酔液を塗ります。
これにより注射時の痛みを無くします。

極細の針
Step2.「極細の針」を使用

蚊に刺されても痛くないように、針が細ければ細いほど痛みは少なくなります。
当院では現在発売されている中でも一番極細の針(33G)を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

電動麻酔注射
Step3.電動麻酔注射を利用しゆっくりと注入

麻酔時に痛みが生まれる原因の一つは、麻酔液が体内に注入されるときの圧力です。当院では、麻酔液の注入速度や圧力をコンピューターによって自動的にコントロールできる電動麻酔注射を用い、麻酔時の痛みを軽減しています。

歯を削る時の音

また、虫歯治療が嫌いになる理由として「歯を削る時の音」があります。

当院では「5倍速コントラ」とう機器を使い、「音」に対しても配慮をしています。
タービンという歯科特有の「キ~ン」という音のする器具ではありませんので、ストレスなく治療を受けれます。さらに、「5倍速で回転」する器具ですので「ブレ」が少なく、歯を削る量も最小限に抑えられます。そして、「歯を削る時の振動」も通常よりも軽減されますので、皆様から好評をいただいております。

パール歯科の可能な限り「削らない」虫歯治療

人間の歯は一度削ってしまえば元に戻ることは二度とありません。
そして、歯は治療すればするほど寿命が短くなります。そのため当院では、可能な限り「削らない」ことをモットーとしており、そのための設備を整え、治療技術を学んでまいりました。本章ではどのようにして可能な限り「削らない」を実行しているのかをご紹介します。

取り組み1ウォーターレーザーで、削る範囲を最小限に抑える

ウォーターレーザー

一般的な虫歯治療はタービンで一気に削りますので、健康な歯質までも削ってしまいます。
しかし、ウォーターレーザーを活用することで虫歯に感染している部分だけを削り取ることができますので、健康な歯質までを削ることはありません。

また、レーザーを使うことで、音、振動など、歯を削る際の不快感がないことも特徴的です。先ほどもお伝えしましたが、痛みがほとんどないため麻酔の必要がありません

取り組み2「高倍率ルーペ」による視野拡大

高倍率ルーペ

歯を削る量を最小限に抑えるために一番大切なことは、治療部位をしっかり確認できることです。歯の治療は非常に繊細を極めますので、ミクロン単位での治療精度が求められます。

そこで当院では「肉眼」での治療ではなく、視野を何倍にも拡大してくれる高倍率ルーペを利用しています。

下の画像をご覧ください。

  • 肉眼
  • 高倍率ルーペ

これは、「肉眼」と「高倍率ルーペ」の視野を比較した画像となります。
左の画像が肉眼、右の画像が高倍率ルーペの視野です。どちらの方がより精度の高い治療ができるかは一目瞭然ですね。

取り組み3データで虫歯の有無を判断する「ダイアグノデント」

ダイアグノデント

この装置は初期虫歯の発見に大きな効果を発揮します。
初期段階の虫歯には痛みがなく、かつ、経験豊富なドクターでも判別しにくい特徴があります。 そこで活躍するのが「ダイアグノデント」です。この装置のメリットについてご紹介します。

  • 「経験や勘」ではなく、データで虫歯の有無を判断
  • 従来は発見が困難だった小さな虫歯を早期発見
  • 虫歯検出率90%という高い信頼性
  • 治療後にも再チェックするので、再発リスクを軽減

パール歯科の
虫歯の「再発を防ぐ」取り組み

虫歯は感染症です。そのため、いくら削ったとしても原因菌をしっかりと除去・殺菌しなければ、またすぐに増殖し虫歯になり、治療を繰り返すことになってしまいます。
そうならないために当院が行っている「再発を防ぐ」ための取り組みをご紹介します。

「殺菌水の利用」

先程も申し上げましたが、虫歯は感染症ですので、原因菌をしっかりと除去・殺菌しなければなりません。そのため、当院では細菌に対して強い殺菌力を持つ「BK水」という機能水を活用した殺菌治療を併用して行っています。

下の画像は特殊な顕微鏡で撮影した、BK水を使う前と使った後の比較画像となります。使用後は細菌がほとんど死滅しているのが分かると思います。

BK水を使う前と使った後の比較画像

また、殺菌水を使う事で殺菌効果の他、「口臭」の改善・予防にもなるのも嬉しい効果です。

詰め物・被せ物種類
お好みに合わせて様々な種類をご用意

虫歯治療後に使用する詰め物・被せ物には様々な種類があります。

良く知られているのは、「銀歯」と呼ばれているものでこれは保険適用の素材で「安価」であることにメリットがあるのですが、「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。

かわって保険適用外(自費治療)の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。

当院では患者様のお口の状態、お好みなどをお伺いし、もっとも適切な素材をご提案させていただいています。詳しくは白い詰め物・被せ物または料金表をご覧ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話

〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日

このページの先頭に戻る