下高井戸の歯科(歯医者)トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科治療

【審美歯科】美しい口元を手に入れる歯科治療

審美歯科とは

「笑うと銀歯が見えて気になる」「歯や歯肉の色が気になる」「笑顔に自信を持ちたい」という悩みを抱えている方はいませんか?そんな方にオススメなのが「審美歯科治療」です。

審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療のこと。最近では、気軽に白く健康的な歯を手に入れられることから、「歯の美容整形」とも言われています。審美歯科には大きく分けて、人口歯を歯に入れるセラミック治療、歯を薬剤で漂白するホワイトニングの2種類があります。口元の悩みを抱えている方、ぜひ一度ご相談ください。

このページでは当院の審美歯科メニューについてご紹介します。

【メタルボンド】白く見た目が美しいかぶせもの
【ゴールド冠】体にやさしい金属のかぶせもの
【ハイブリットセラミック/クラウン】白いかぶせもの
【ラミネートベニア】白い"歯の板"を貼り付ける治療法
【ノンクラスプデンチャー】バネのない見た目が美しい入れ歯
【ファイバーコア】シッカリとした歯の土台

【メタルボンド】白く見た目が美しいかぶせもの

金属でできた「かぶせもの」の外部を、白く透明感のあるセラミックで覆った人工の歯です。

金属部分が見えないため、見た目もきれいで、変色もせず、多くの患者さまがよく選択される治療法です。また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです(オールセラミックはすべて"セトモノ"でできているため、メタルボンドに比べると割れやすい)。

また、セラミックは細菌が付着しにくい材質であるため、本来の歯よりも汚れが付着しにくいという特徴もあります。

<メタルボンドのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

メタルボンド

【ゴールド冠】体にやさしい金属のかぶせもの

体に一番害がない(金属アレルギーが起こりにくい)金属です。また、硬さが天然歯に近く、噛み合う歯に負担がかかりません。ただし、金属でできているため、ギラギラと目立ちやすいといったデメリットがあります。当院では、できるだけ目立ちにくいゴールド冠を採用しています。

<ゴールド冠のメリット>
・体にやさしい
・硬さが天然歯に近い

<ゴールド冠のデメリット>
・ギラギラと目立つ
ゴールド冠
 

【ハイブリットセラミッククラウン】白いかぶせもの

セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られた、クラウンです。白く美しい色合いであることに加え、オールセラミックに比べて比較的安価な治療です。また、非常にやわらかいので、周囲の歯を傷つける心配もありません。

ただ、セラミックに比べ色調は多少劣り、経年的に変色するとったデメリットもあります。

<ハイブリットセラミッククラウンのメリット>
・白く美しい色合いが得られる
・比較的安価
・やわらかい→他の歯を傷つけない

<ハイブリットセラミッククラウンのデメリット>
・セラミックに比べ色調は多少劣る
・長年使用すると変色する
ハイブリットセラミックインレー/クラウン
 

【ラミネートベニア】白い"歯の板"を貼り付ける治療法

歯の表面を薄く削り、白いセラミックを貼り付ける治療方法です。みなさんもよく使っているネイルチップ(付け爪)みたいなものを想像してください。歯の隙間をこのチップで隠すことで、「すきっ歯」の治療にも有効です。

<ラミネートベニアのメリット>
・歯を削る量が少なく、治療回数を減らすことが可能
・ホワイトニングに比べ後戻りがない
・すきっ歯などの小さな乱れを、矯正治療を行わずに短期に治すことができる

<ラミネートベニアのデメリット>
・歯を少し削る必要がある
ラミネートベニア
 

【ノンクラスプデンチャー】バネのない見た目が美しい入れ歯

「入れ歯のバネが目立って人前でしゃべられない」という方はいらっしゃいませんか?そんな方にぜひ使っていただきたいのが、この"ノンクラスプデンチャー"です。

ノンクラスプデンチャーの最大の特徴は、目立たないということ。金属のツメ(クラスプ)を使わず、装着していても人目につきません。また、弾性と強度があるので、装着感が少なく、壊れにくいといった特徴もあります。ほかにも、材質のつなぎ目がほとんどないため、お掃除がしやすく衛生的です。

ただし、素材自体の寿命は約3年程度といわれています。金属を使った入れ歯に比べて長持ちしないというデメリットもあります。

<ノンクラスプデンチャーのメリット>
・装着しても目立たない
・違和感が少ない
・壊れにくい

<ノンクラスプデンチャーのデメリット>
・素材が長持ちしない

ノンクラスプデンチャー
 

【ファイバーコア】シッカリとした歯の土台

進行してしまった虫歯などで歯に十分な量の歯質が残っていない場合には、人工の土台(コア)で歯を補強します。その際使用するのが、このファイバーコアという土台です。ファイバーコアには、他の土台に比べて、しなる性質があるため歯が割れにくく、アレルギーの心配がありません

<ファイバーコアの特徴>
・歯を守ることができる
・金属アレルギーの心配がない
ファイバーコア

関連ページリンク

当院が選ばれる理由
一般歯科・無痛治療小児歯科予防歯科矯正歯科治療
審美歯科治療ホワイトニングインプラント治療
症例患者さまの声料金表よくある質問医療費控除

ドクター紹介・経歴
スタッフ紹介院内ツアー院内設備技工所について
歯の健康診断についてアクセス・診療時間採用情報プレスリリース
プライバシーポリシー

「矯正歯科治療」無料カウンセリングを行っています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


下高井戸の歯科(歯医者)トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科治療


パール歯科クリニック