下高井戸の歯科(歯医者)トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科・無痛治療 » 【2段階麻酔】痛みの少ない治療方法

【2段階麻酔】痛みの少ない治療方法

2段階麻酔歯科治療では、痛みを抑えるために「麻酔」をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

【表面麻酔】麻酔の「チクリ」を抑えるために
歯科治療では、痛みを抑えるために"麻酔"をかけます。しかし、「麻酔そのものが苦手」という患者さまも多いのではないでしょうか?そこで当院では麻酔の際に、表面麻酔とよばれる簡単な麻酔をし、麻酔針が最初に刺さる痛みそのものを解消します。表面麻酔とは、皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるためにおこなう麻酔方法。患部に塗るだけでだんだんと歯肉の表面が麻痺していくので、麻酔針の「チクリ」がなくなります。

【電動麻酔】麻酔液注入の不快感を減らす
麻酔注射の際の痛み・不快感は、麻酔液の圧力によるものです。そこで当院では機械で麻酔液を注入できる電動麻酔器を使用。事前に温めておいた麻酔液(体温に近いほど不快感が少なくなります)と極細の注射針を使い、一定の速度でゆっくりと注射液を入れていきます。そのため、患者さまに痛みや不快感をほとんど与えません

オーラスター
オーラスター"注射が苦手で"という場合、麻酔を行う際の痛みを最小限にするために、通常の注射筒を使用するのではなく電動式のタイプを使用します。


下高井戸の歯科(歯医者)トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科・無痛治療 » 【2段階麻酔】痛みの少ない治療方法


パール歯科クリニック