医院ブログ|パール歯科クリニック|世田谷区下高井戸駅近くの歯医者|桜上水

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日
24時間受付中 WEB予約 電話での予約

キービジュアル

「歯」と「葉」 どうしてどちらも”ハ”っていうの? 下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

2018年12月8日

今日面白い番組朝見てきた。

皆さんも知っているのではないでしょうか?

NHK放送番組「ちこちゃんに叱られる!」です。

5才児のちこちゃんが、毎回大人が答えにくい、すごい面白い質問を投げかけ、適当な答えを言うと、「ボーっと、いきてんじゃねーよ!」としかられます。

このきめ台詞は、今年の流行語大賞でも2位になっていました。

今日もチコちゃんが「花と鼻なんでもどちらもハナっていうの?」と出演者の渡辺満里奈さんに質問すると、渡辺満里奈さんは「花の匂いを嗅ぐのは鼻だから、同じ名前にしとこう」と答えていましたが不正解でチコちゃんに「ボーっといきてんじゃねーよ!」と叱られていました。

正解は「パッと目につくものだから」だそうです。

人の体と植物には「歯と葉」など対応する同音異義語があり、偶然の一致ではないそうです。

どうやら「縄文時代」には稲作などの農耕が行われていていたことから、人が穀物を食べて命をつなぐため「穀草と人」を一体化した言葉が対応したそうです。

例えば

 

「花と鼻」は、パッと目につくもの。植物は花、人の場合は顔で鼻。

「歯と葉」は、落ちるもの。人間の歯は「乳歯から永久歯へ」生え変わるのは年を取り抜け落ち、植物の葉は枯れ落ちる。

「茎と歯茎」は生えてくるところ。茎は葉が生えてくるところ。歯茎は歯が生えてくるところ。

「目と芽」は、さけてででくる。芽は実が裂けて出て、目はまぶたが裂けて出る。

日本最古の本日本古事記に出てくる食の神様「大月姫」の命が尽きた時、姫の目から稲、耳からあわ、鼻から小豆、下腹部から麦、お尻から大豆が生まれたそうです。

なんだか実物を綺麗なイメージにした感じですね。(鼻くそと小豆、うんちと大豆、耳カスとあわ・・・)

同音異義語とても面白い。

ちなみに「チコ」ちゃんの名前の由来は、チコちゃんの「チ」は「ちいさい」、「コ」は「こんまい(ちいさい)」という意味で小さい女の子や可愛い女の子という事だそうです。

私たちの体は、生まれたときは「歯と葉」のように植物と違いはありますが、死んでしまえば、植物と同じ。いつかは土に返る。

生きている間は、いろんな変化を楽しまないと。

「ぼーと、生きてるんじゃねーよ!」

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話

〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日

このページの先頭に戻る