医院ブログ|パール歯科クリニック|世田谷区下高井戸駅近くの歯医者|桜上水

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日
24時間受付中 WEB予約 電話での予約

キービジュアル

マウスガードの青空往診 GO! 下高井戸パール歯科クリニック・世田谷 

2019年01月29日

先日、マウスガード装着させていただいた、中学生たちの使用状態を見るため、千葉に行ってきました。

市原先生と一緒に往診道具を詰め込んで、千葉まで約一時間、最近の診療話題を互いに夢中になって話していたら、いつの間にか到着しまいました。

中学校に着くと、監督はじめ、生徒さんが出迎えてくださり、あっと言う間に立派なテントを作ってくださり、青空の下、素敵な診療所が出来上がりました。

近隣住民のことがあり、練習は色々制約があるようですが、頑張って練習をしていました。

監督さんに生徒さんのマウスガードの状態を聞くと、違和感なく使えているという話でした。

本人は自覚はないのですが、明らかにマウスガードをつけたことによって、バットを振る行為が安定し、フォームが良くなり、その結果球が飛ぶ。

春の試合が楽しみであると話されていました。

嘔吐感がある、話ずらいと言った声が出てこないかと心配していたのですが、意外な答えだったので、思わずヤッター!と思いました。

そして「あ、早い時期にマウスガードを装着するということは、違和感を感じさせなくなる上でとても大事なんだ」と思いました。

練習中に生徒さんが、「歯医者行ってきまーす」といって、テント内の私たちのところに並んで、マウスガードの調整をしに来ました。

使い心地をいろいろ聞くと、それなりに違和感がありました。歯が生えている途中だからこその違和感です。

何人かの生徒は、若干嘔吐感を訴えていました。歯並びが悪い子がうったえるのな?と思っていたら、案外歯並びがきれいな子でも嘔吐感がありました。

現場を見るというのはとても大切ですね。

中学校の怪我は試合の時より練習中の時が多いです。マウスガードの装着の啓蒙活動しっかりしてゆこうと思います。

診療室で大丈夫と思っても、現場で動いている状況での感覚は少し違う様です。

現場でのマウスガードの調整はとても都合がよい状況でした。

調整して、練習に復帰して、また調整して。

直ぐに使用状態を確認でき、動きのパホーマンスを高めることが出来る。

青空往診は、監督の理解があって実現しました。

これからも、青空往診続けていきたいと思います。

 

マウスガードでお困りの方、どうぞご相談ください。

大学病院でスポーツ歯科を専攻した医師が在籍しています。

質の高い専門的なアドバイスや、マウスガードを提供できます。

 

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話

〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日

このページの先頭に戻る