医院ブログ|パール歯科クリニック|世田谷区下高井戸駅近くの歯医者|桜上水

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日
24時間受付中 WEB予約 電話での予約

キービジュアル

デンタル小町が通る 日本歯科新聞2月21日掲載 ~インフルエンザの襲来~ 『杉並区永福町で歯科をお探しならパール歯科クリニック』

2012年02月24日

<img alt="DSCF8125.jpg" src="DSCF8125.jpg” width=”144″ height=”200″ style=”” />
 2月初旬、インフルエンザが到来し、猛威を振るっています。
娘の小学校でも学級閉鎖になるクラスが増えています。
当医院でもキャンセルが相継ぎ、突然静かな診療室となりました。
空いた時間を有効に使おうと、スタッフが自ら細い所の掃除を行ってくれています。感謝。
 その時スタッフが私に
「先生、私、昨年までこの時期になるとのどが乾燥し、痛みや何かが絡むよう
ないがらっぽい感じがあったので、水を飲んだり咳払いをしたりしていたん
です」。
「それにインフルエンザや風邪で休むことも多かったんですよ。
でも矯正を初めて一年になる最近、噛み合わせが変わったのを感じるん
です」。
「装置は夜寝ている時だけしか、つけていませんが、いつの間にか口を閉じ、
鼻で呼吸できるようになりました。これが風邪をひかなくなった理由の一つ
ですかね」

と話しかけてきました。私は
「そうだよ。そのことに気がつくなんてすごいね」
と答え、共に口腔機能の改善を喜び合いました。
 日本免疫治療研究会の西原克成会長によれば現在日本人の半数以上が、
小学生以下に至っては8割以上が口呼吸なんだそうです。
通常空気は鼻前庭から鼻腔間で加温、加湿されて肺胞へ導かれますが、口呼吸の場合、
口から咽頭へ直接冷たい、乾いた空気を吸い込むため、ウイルスが肺に侵入しインフルエンザ
や風邪に感染しやすくなります。猛威をふるうのも納得です。
 口呼吸では鼻呼吸ほど横隔膜は振動せず、歯を噛みしめられません。
昔から、口を開けっぱなしにしていると
「バカに見えるから、口は閉じておきなさい」
と言われたものです。実際には見た目の問題だけにとどまらず、口呼吸だと脳の酸素濃度が
低く、機能が低下することが分かっています。
 インフルエンザの予防に「手洗い」「うがい」「マスク」はもちろんですが、何よりも
鼻呼吸がウイルス排除を行う天然のマスクの役割を果たします。
近い将来、日本人の多くが口呼吸とならないよう私は口腔発育に力を注いでいきたいです。
執筆は今回で終わりです。

〜素敵なプレゼント〜『杉並区上北沢にて歯科をお探しならパール歯科クリニック』

2012年02月22日

<img alt="DSCF8118.jpg" src="DSCF8118.jpg” width=”140″ height=”200″ style=”” />
今日通院する女の子から素敵なプレゼントがありました。
前回、子供部屋で完成できなかった物を作って持ってきてくれたのです。
素敵でしょう!!
プレゼントされたスタッフのお姉さんは大喜び。
大切にもって帰りました。
♥♥♥本当にありがとう♥♥♥
床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。
TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック
世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

〜居眠り(-_-)゜゜zzz〜『杉並区永福町で歯科をお探しならパール歯科クリニック』

2012年02月21日

<img alt="DSCF7588.jpg" src="DSCF7588.jpg” width=”200″ height=”153″ style=”” />
ある日の診療前の風景です。
気持ちよさそうに寝ています。
歯科衛生士のお姉さんに声をかけられ、眠い目を擦りながら起き上がり、
診療室に向かいました。
診療中もグー。(-_-)゜゜zzz
このような光景は当院ではよく見られます。
通院する多くの子供たちは診療に対し安心すると寝てしまうのです。
寝ている子供を見ると嬉しくもあり、小児の診療の楽しさでもあります。
一体どんな夢を見ているのでしょうか?
覗いてみたいです。
床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。
TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック
世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

〜歯科用レントゲンの被爆量〜 『世田谷区上北沢で歯科をお探しならパール歯科クリニック』

2012年02月18日

<img alt="DSCF7280.jpg" src="DSCF7280.jpg” width=”200″ height=”150″ style=”” />
記憶に新しい福島第一原子力発電事故。
事故によって起きた様々な後遺症はいたるところにみられます。
毎日過かざず食べる食品の安全性の検査や、砂場や水道水の放射線量の測定など、
放射線を気にしない日は無いかのような日常です。
過剰反応かのように多くの人が飲み水を求めに自動販売機の水さえも買い占める
ということもありました。何を隠そう私もその一人。
電気節約で照明のついていない自動販売機を探し、水を買い求めました。
安心して水道水が飲めるまで精神的に時間が掛かりましたが、今では美味しいコーヒー、紅茶
を飲むためだけに水を買っています。
(娘の小学校での社会科見学で、意外にも東京の水道水は美味しいことを後で知りました。)
放射線の測定にはSv(シーベルト)と言う単位を用います。
一般的に人が受ける自然放射線の量は年間で2.4ミリシーベルト
言われていますが、
日本の場合、平均約1.5mSv、
赤道に近い国々の人々や高度の高い国は10ミリシーベルト以上
になるそうです。
年間被爆量の2.4ミリシーベルトを胸のX線写真 に換算すると約8~48枚分になります。
つまり普通に生活していても胸の写真8~48枚くらいは被爆していることになります。
自然放射線の多い国で生活している人は、日常生活を送っているだけで年間に200枚くらい
胸の写真を撮影していると考えられます。
また飛行機に乗っている時でも放射線に被爆しています。
東京~ニューヨーク間往復で放射線量は胸の写真4枚分、0.2ミリシーベルト位です。
歯科のレントゲンですが、小さいデンタルレントゲンで1回0.016~0.039mSv、
口腔全体が写るパノラマでも約0.04mSvです。
デンタル写真1枚は自然放射線の100分の1程度に過ぎません。

レントゲン撮影によって得られる情報は肉眼で見ただけではわからない情報を沢山得ることが
できます。
特に歯と歯の間の虫歯や、歯を支える骨の状態などのレントゲンによる情報は確かな治療へ
導きます。レントゲンは、思ったより安全であり、とても役に立つものなのです。
胎児に影響が出ると言われている被爆量は約100mSvと言われています
が、デンタル写真の被爆量はその数万分の1です。

妊婦の方でも歯科のレントゲンはほぼ問題にならないと考えてよいと思われます。
どうしても心配だという方は5~7ヶ月の安定期に治療されるとよいでしょう。
当医院で使用しているレントゲンはデジタル式です。
体に優しいレントゲンですので安心されてください。
歯科レントゲンに感する詳細はこちらをご覧ください。
歯科X腺影響による患者の被爆
床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。
TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック
世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

〜「歯の銀行」自家歯牙移植 インプラントより安全?〜 『世田谷区桜上水で歯科をお探しならパール歯科クリニック』

2012年02月17日

<img alt="32623491.jpg" src="32623491.jpg” width=”136″ height=”200″ style=”” />
本日ミーティングを行いました。
話題は“歯の銀行”
NHKやテレビ東京で放映されたので多くの方が気になっている話題かと思います。
“歯の銀行”とは、若いうちに抜いた歯や不要な親知らずなどを凍結保存しておき、
いざという時の治療のためにとっておくサービスです。
詳しくはこちらをご覧ください。有限会社スリーブラケッツ
インプラントは現在、乳歯、永久歯に代わる「第三の歯」と言う謳い文句で広く一般に普及
されています。入れ歯より見た目が良く、噛めるため、インプラントを導入する人が多いいよう
ですが、インプラントによる訴訟問題が絶えないのも現実です。
身近な話ですが知り合いのお祖母さんがインプラントOpeをしましたが、上部構造という
白い冠(歯の部分)が1ヶ月立たないうちに外れるそうです。
痛みはなく、着いている間は噛めるようですが、冠が外れると着けてもらってと繰り返している
そうです。当の本人は偉い先生にやってもらってと感謝しているようですが、その状況を
見ている身内にとっては複雑なようです。
また最近ですが、ベテラン医師によるインプラントOpe後の患者死亡事故がありました。
一度抜いた歯を移植や再植することはインプラントより安全なのでしょうか?
歯の移植:歯のない部分に親知らず等合わ、噛み合せに関与しない歯を抜いて
       持ってくる。
  再植:一度抜いて、悪い部分を取り除き再植する。

歯の移植の成功率は歯根膜が再生するため成功率は、87%。 生存率10年間は、90%以上。
インプラントの成功率は歯根膜が再生しないため成功率(生存率)は、0%。
残存率10年間は、70%ぐらいです。
「歯の銀行」自家歯牙移植の最大のメリットは、移植後の歯の歯根膜再生です。
歯根膜とは?
歯を支えるクッション、歯の栄養補給、感覚のセンサー、恒常性維持機能、再生機能など
優れた機能をがあります。
歯を移植することにより、ただ噛めると言うことではなく、歯根膜が再生することによって
インプラントでは得られない様々な機能が回復し、本当の意味での体の健康につながるの
ではないでしょうか?
歯の銀行の制度は取り入れていませんが、当医院でも症例によって歯の移植、再植を行い、
口腔機能を回復しているケースはあります。
抜くことを決心する前に是非担当医師に相談してみてください。
床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。
TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック
世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

〜Happy Valentine 院長(#^.^#)〜 『世田谷区松原で歯科をお探しならパール歯科クリニック』

2012年02月14日

<img alt="DSCF8002.jpg" src="DSCF8002.jpg” width=”200″ height=”149″ style=”” /> <img alt="DSCF8004.jpg" src="DSCF8004.jpg” width=”174″ height=”200″ style=”” /> <img alt="DSCF8006.jpg" src="DSCF8006.jpg” width=”142″ height=”200″ style=”” /> <img alt="DSCF8008.jpg" src="DSCF8008.jpg” width=”200″ height=”136″ style=”” />
今日はバレンタインデー!
スタッフから院長にクマのチョコレートが送られました。
私は蝶の形をしたメッセージカード付きのチョコ。
院長と私の顔は(#^.^#)!
スタッフには日頃の感謝を込めて
「ありがとう」
のメッセージ入りクッキーを贈りました。
スッタフあってのパール歯科クリニックです。
いつまでもスタッフと共に歩み、パール歯科クリニックを発展させてゆきたいと思います。
床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。
TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック
世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

~院長先生お誕生日おめでとうございます!~ 『世田谷区松原で歯科をお探しならパール歯科クリニック』

2012年02月1日

<img alt="DSCF7910.jpg" src="DSCF7910.jpg” width=”200″ height=”150″ style=”” /><img alt="DSCF7909.jpg" src="DSCF7909.jpg” width=”200″ height=”150″ style=”” /><img alt="DSCF7911.jpg" src="DSCF7911.jpg” width=”200″ height=”150″ style=”” />
「院長先生、お誕生日おめでとうございます。」
とスタッフからお祝いの言葉をいただきました。
プレゼントは院長が以前から欲しがていた「鬼おろし」と「デキャンティングポアラー」
そしてスタッフ一同からの愛のメッセージカードつき♡♡♡。
院長満面の笑みです。
院長は大根おろしが大好物です。
院長、鬼おろしで大根を頑張ってすりおろすことでしょう!
スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。
床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。
TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック
世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話

〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日

このページの先頭に戻る