«  2016年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年1月 5日

明けましておめでとうございます。

パール歯科クリニック 院長の大原庸子です。

皆さんどんなお正月をおくりましたか?

私は、実家で年老いた両親とのんびり親孝行?&娘の受験勉強の尻たたき。

1月より約1ヶ月半、お休みをします。娘の高校受験のためです。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

さて、私の症例をお見せします。

題して『私の歯、入れ歯よ。』

笑顔_2.jpg

皆さん、この笑顔、素敵でしょ。

実は入れ歯なんですよ。年齢は60代後半の方です。

もちろん保険診療です。

入れ歯.jpg

左右バランスがとれた、吸着の良い、入れ歯を作成すると、

噛める、そして素敵な口元になります。

このような噛める、義歯を作るるポイントは、

作成する側のテクニック(型どり、かみ合わせの調整)はもちろんですが、

患者さんが痛い場所をあきらめないで伝えることも大切です。

ドクターの考え方や熟練度によりますが、以外に、患者さんが昔、好んで食べたもの、

どんなものを食べれるようになりたいのか話していただけると、

入れ歯の完成イメージがわき、調整しやすくなります。

口元のバランスが良いと、毎日の生活の中で会話を自然と楽しめる

ようになります。

生きる上で食べれるという事は一番大切な事ですが、

人間社会というコミニティーで生活するうえで、会話も大切です。

私は入れ歯を作りながら、どんなことをこれから楽しみにしているのか

歯を失った歯茎の土手を見ながら、どんな人生を歩んできたのか

いつも聞く様にしています。

たまに戦争体験の話が出て来ることもあります。

何故そこまで聞くのか?

入れ歯を使うのは患者さんです。

使い手が、満足できなければ、使わない入れ歯の山になってゆきます。

私は、患者さんのこれからの毎日の生活が、幸せであってほしい。

保険であれ、自費であれ、患者さんが満足のいく入れ歯をつくれたら。

そう願ってやまないのです。

もちろん私にだって、いつもすごい入れ歯を作っているわけではありません。

難しい症例もあって、なかなかうまくかめる入れ歯を作れず、悩んだことも沢山ありました。

私は、入れ歯専門医ではありませんが、一般歯科医として誇りを持って

仕事をしております。

専門医になることは一つの医師としての看板になりますが、私はあえて一般歯科医を選びます。

一般歯科医はすべてにおいて、極める自分の努力が必要です。

自分で作る壁を自分で超える。

そんな素晴らしい仕事と思います。

皆さん、本年もパール歯科クリニックをよろしくお願いします。

下高井戸・桜上水の歯科・歯医者|パール歯科クリニック
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2(下高井戸駅徒歩5分)
TEL:03-5300-6480(ムシバゼロ)
診察時間:月~土 【午前】10:00~13:30【午後】14:30~19:00
※休診日:日曜、祝日
一般歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング

床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。

TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック

世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

2015年12月 8日

こんにちは。歯科医師の水谷です。

この度、パールに新しい最新のレーザーが導入されました。

BIOLASE社の半導体レーザー『epic』です。

CIMG7564.jpg

以前までのwater laserと比べても非常にコンパクトで、無線のためコードの絡まりもなく大変使いやすいです。


以前までのwater laser
CIMG7566.jpg


パールでは、レーザーは
舌下小帯・上唇小帯の異常付着や、根尖部の炎症に対して
あるいは歯肉の切除、
貯留嚢胞を摘出したり疼痛緩和、歯周病の治療に用いることが多いです。

他にも様々な症例に対応することができます。

止血もできますので歯茎と歯の境がしっかり見えます。
CIMG7586.jpg

CIMG7588.jpg


また epicは治療のみではなく、ホワイトニングにも使用できます。
パール歯科クリニックでもポリリン酸を用いたホワイトニングを導入予定です。

現在はスタッフ研修を含め導入に向けて準備段階ですが、
今年度中には皆様にご案内できればと思っております。

下高井戸・桜上水の歯科・歯医者|パール歯科クリニック
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2(下高井戸駅徒歩5分)
TEL:03-5300-6480(ムシバゼロ)
診察時間:月~土 【午前】10:00~13:30【午後】14:30~19:00
※休診日:日曜、祝日
一般歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング

床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。

TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック

世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

2015年11月 1日

パール歯科クリニックのDr中西です。

今回は症例ではなく歯を失った際の治療法について考えていきたいと思います。

先日、岡山県にて年に1度のインプラント学術大会があり参加してきました。

そこでの議題の中に歯を残すか、ブリッジか、移植か、

インプラントかを改めて考察してみるという講演があったのです。

まずはブリッジ、移植、インプラントとはどういうものか

簡単な写真を載せさせていただきます。
nakanisiburogu1.jpg

nakanisi2.jpg

Drnakanisi3.jpg

buroguyou4.jpg

それぞれにメリット、デメリットがありますが細かな説明は割愛させていただきます。

いまでも歯科では歯が無くなった際にブリッジを

第一選択に考える方が多いと思いますが

写真を見ても分かる様に真ん中の歯の欠損域が増えれば増えるほど全体のたわみが大きくなり歯への負担が増します。

そのため奥歯を多数なくされたりした場合は

入れることは出来ても歯の寿命は大きく削られることとなります。

次に移植ですが歯を別なところに埋め込む際には

元の歯の健康状態や埋め込む場所の環境が良くないと上手く生着しません。

また歯のサイズが違ったりするため

上手く生着すれば元の歯のように自分の歯で噛めますが条件が限定されてきてしまいます。

最後にインプラントですがこちらは骨に打ち込んで

強固な結合をするため全身状態や、

口腔内の環境が悪くなければかなり快適に使うことが出来ます。

その代わりに歯のようにたわむことが出来ないため物が欠けたり、メインテナンスが自分自身だけでは不足となる為メインテナンスが必須となります。


結局、治療法は数あってもその人の歯の状態(治療する歯だけでなく全ての歯を考察して)、

口のケア状態、全身状態など様々な要因によってベストな選択肢は限られてきてしまうのです。


何にしても残せるのであれば自分の歯に勝るものはない・・・

そう言えるのではないでしょうか。

だからこそ今、歯科では予防に力を入れている医院が注目されているのだと思います。

皆様も、ご自身の歯をなるべく残せるように

めんどくさがらず健診や専門家によるクリーニングをしてもらい長く、

健康にご自身の歯で過ごされて頂きたいと切に願います。
                          Drリーダー  中西 稔

下高井戸・桜上水の歯科・歯医者|パール歯科クリニック
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2(下高井戸駅徒歩5分)
TEL:03-5300-6480(ムシバゼロ)
診察時間:月~土 【午前】10:00~13:30【午後】14:30~19:00
※休診日:日曜、祝日
一般歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング

床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。

TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック

世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

2015年10月 1日

こんにちは。パール歯科クリニック歯科医師の小尾です。
 
今回は、前回に続いて被せ物についてご紹介させて頂きます。

今回の症例は、根っこの治療を終わった歯に以前水谷先生にご紹介いただいたファイバーコアを立て、オールジルコニアという被せ物をしました。

これが初診時の写真です。
3.jpg
根っこの治療の途中で当院に来院頂きました。

前回ご紹介させて頂きましたe-maxはセラミックの物でしたが、今回のオールジルコニアは人工ダイヤモンドの物になります。

こちらの特徴としましては、ダイヤモンドなので何よりまず丈夫であるという事です。普通に使っていて欠けたり割れたりという事は滅多にありません。
今回のケースは咬み合わせが強かった為、この被せ物をお勧めさせて頂きました。


そして第二に、水を吸う事がないので、劣化しないという事です。これは前回のe-maxと同じですね。
ただ、お色味に関しては、単一のブロックを削り出しているので、e-maxに比べると一歩劣ると言ったところです。なので、奥の方の強度が必要な部分はオールジルコニア、よく見える前歯に関してはe-maxであったり以前中西先生にご紹介いただいたジルコニアセラミックがお勧めです。


根っこの治療を終わらせて、土台は水谷先生にご紹介いただいたファイバーコアを用いました。これは、噛み合わせが強かったので歯への負担を減らすことと、被せ物は白いものをご希望されたので色調の面も考慮して土台の種類を選択しました。

この写真が治療終了時の写真です。
2.jpg

1.jpg

銀歯の一つ手前の部分ですね。
やはりe-maxに比べると色調は一歩劣るものの、部位と強度を考えると十分かなといったところです。

被せ物もどれか一つが絶対的にいいという事は無く、人によってもっとも適したものが違います。
もし被せ物についてお悩みでしたら、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

下高井戸・桜上水の歯科・歯医者|パール歯科クリニック
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2(下高井戸駅徒歩5分)
TEL:03-5300-6480(ムシバゼロ)
診察時間:月~土 【午前】10:00~13:30【午後】14:30~19:00
※休診日:日曜、祝日
一般歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング

床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。

TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック

世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

2015年9月 4日

こんにちわ!

院長の大原庸子です。

今月は何故定期健診が大切なのか患者さんの声を通してお話しします。

CIMG7014.jpg

さてこの写真のスマイル、皆さんどう感じますか?

とても素敵だと思いませんか?

当医院に通院されている方のスマイルです。

口の中のトラブルが、改善してから、気持ちよく笑えると言うのです。

大変嬉しい言葉です。

私はこのような言葉を頂くたびに、この仕事に出会えてよかったと、つくづく思います。

なぜ人は、口元がきれいになると、自然に笑うのか?

皆さんは、真剣に考えたことありますか?

思わず、このなぜにこだわってしまい、調べました。

笑いの事を調べると意外と、種類があります。

「微笑」「哄笑」「爆笑」「冷笑」「嘲笑」「苦笑」「照れ笑い」「愛想笑い」

「作り笑い」「泣き笑い」。辞書引いて、びっくり。

もっとすごいのは、ギリシャ時代のアリストテレス。

彼は笑いについて「笑うべきものは、他人の過失や醜態である」と考えていたこと。

笑いについて分析した人が世の中にはいるんですね。

「ユーモア社会をもとめて 笑いの人間学 」の著者、アメリカの哲学者

ジョン・モリオール氏。彼は、笑いについて3つに分類しました。

「優越の理論」「ズレの理論」「放出の理論」に分類しました。

「優越の理論」;他人の欠点や失敗などから、自分の方が上と感じるときに笑う。


「ズレの理論」;予想が外れたり、意外な出来事に出会ったりして思わず

笑ってしまうといった笑いのことです。

例えば、漫才。「ツッコミ」の一般常識を「ボケ」が崩すことによって、

話にズレが生じて笑いが生まれるということです。

「放出の理論」;フロイトなど精神分析学の分野において考えられてきた理論で、

社会の様々な約束事を守るために費やしている心のエネルギーを放出することにより

起こる「快感現象」が笑いであるというように考えるものです。

例えば、いわゆる「下ネタ」です。

この笑いの倫理から考えると、口元がきれいになって、気持ちよく笑えるのは、

「優越の倫理」が働いているからなのでしょう。

この患者さんは、当院を知る前から健診に心がけていました。

でも、毎回キーン、ガリガリ、と行くたびに行われる治療行為が苦痛だったそうです。

当院をしって通うようになって、今感じるのは、定期的に通うようになっても、

昔みたいな苦痛はないと言います。

他院でも当院でも同じように通った、定期健診。

一体何が違うのか?

それは、知識と技術と経験で生まれる考え方です。

京セラの会長稲盛氏の名言に「ひとつの仕事や分野を深く追求する事により、

すべてを 知る事が出来る」とあります。

私たちは、定期健診を通して、お客様一人一人の口腔内の状況を把握して、

10年、20年、30年、と先を考えたとき、今何が必要なのか分析をしてゆきます。

例えば、歯肉の赤み、プラークの付き方、かみ合わせの状態、食事の摂取状況、

唾液の出方、心理状況、全身状態、その他・・・、とチェックしてゆきます。

またお客様に現状をお伝えし、ホームケアー改善点を説明してゆきます。

そうすることで、口腔内は見違えるようにきれいになります。

同じ定期健診でも、毎回、苦痛は必要ありません。

例え歯石がおねじ場所についたとしても、できたてほやほやなので、

スケーラーのような刃物を使って、ガリガリしなくても、小さな器具で綺麗に

はじけるのです。

定期健診するたち気持ちがよくなるのは、このためです。

同じ定期健診でも、術者の物の考え方一つで、変わってゆきます。

皆さんもパール歯科で、クリーニングが気持ちがいいと感じるのは、

私たちが行っている、定期健診に対する、物の考え方が、一味違うからなのです。

皆さん、一味違うパール歯科の定期健診で、口元に幸を運びましょう。

下高井戸・桜上水の歯科・歯医者|パール歯科クリニック
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2(下高井戸駅徒歩5分)
TEL:03-5300-6480(ムシバゼロ)
診察時間:月~土 【午前】10:00~13:30【午後】14:30~19:00
※休診日:日曜、祝日
一般歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング

床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。

TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック

世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

2015年8月 8日

こんにちは。歯科医師の水谷です。

前回はファイバーコアをご紹介させていただきましたが、
今回はファイバーコアの上に被せたセラミックのお色合わせをご紹介します。


患者様は20代女性。
他院にて保険の被せを右上前歯に入れましたが、お隣の歯との色の違いや歯ぐきの部分の黒ずみが気になりパール歯科クリニックを受診されました。

初診の時のお写真です。
右上の前歯に保険の被せが入っています。

ブログ用最終4.jpg

保険の被せは裏打ちに金属を使用していますので、色調を天然の歯と合わせるのが難しいです。
特に前歯は、どの方も一番審美性を求められる箇所ですので
少しでも気になるとどんどん気になりますよね。


被せの下には金属の土台も入っていました。
比較的簡単に外せそうだったので、被せを外した後に一緒に土台も外しました。

ブログ用最終3.jpg


他院で治療してもらったばかりなのでむし歯などはありません。
そのまま形を整えてまずは前回の記事でもご紹介したファイバーコアを立てます。

ブログ用最終コア.png

患者様とドクターで相談しながら色合わせをして
セラミック(e-max)が入りました。

ブログ用最終5.jpg

とても綺麗に入ってるように見えます。
が、歯の先の方の透明感がなんとなくの周りの天然の歯と違います。

前歯は一番色味がはっきり分かる場所です。
妥協できる場所ではありません。

色調を 患者様とドクター、実際に補綴物を作製する技工士さんとすり合わせをするため、
ここで改めて技工士さんに来ていただくことにしました。

ブログ用最終1-1.jpg

パールは院内ラボはありませんので、
患者様のご都合と技工士さんのご都合の合う時に予約を取って頂きまして三人で色合わせをしていきます。


ブログ用最終2-2.jpg


よく話し合って再作製をお願いします。
(※技工士さんの立ち合いは別途料金がかかります)


本当ならば本日セット予定だったのですがご都合でもう少し先になりましたので
ここまでの流れをご紹介させて頂きました。

白い補綴物を入れる場合は、このように技工士さんに立ち会って頂くことも可能です。
実際に作製してくれるのは技工士さんですので、
別途料金はかかりますが特に気になるような場所は
患者様と技工士さん、ドクターの3人で決めていくのがいいのかもしれません。

セットは今月末です。また綺麗にセット出来た物をご紹介出来ればと思います。


2015年6月 2日

こんにちは。歯科医師の小尾です。

今回は、白くて色調が天然歯に近い被せ物、e-maxについてお話します。

このe-max、大きく以下の3つの特徴があります。

特徴① 見た目が非常に美しい
    歯というのは何層かに分かれているため光が複雑に透過しているのですが、
    e-maxも又複雑に光が透過するので、天然歯と遜色ない色味が再現できます。

特徴② 劣化しにくい
樹脂の材料や合金などは、水を吸ったり金属イオンが溶けだすことにより劣化
    や変色をきたすのですが、このe-maxはそういった心配がありません。

特徴③ むし歯になりにくい
    表面が非常に滑沢なので、汚れが付きにくく、二次的にむし歯になりにくい
    です。

特徴④ 身体に優しい
    イオンが溶けだしたりといったことがないので、身体に優しい材料です。

 ただ、一方で、強靭ではないので、衝撃には脆いんです。つまり、咬み合わせが強い方や歯ぎしりをする方、接触系のスポーツをする方は割れてきてしまう可能性があるので、そういった方はご相談していただければと思います。

ちなみにお値段は1本60000円と、都内にしては比較的お求め安くなっております。

 今回のケースは、金属の詰め物がむし歯で外れてきてしまいました。
むし歯を取っていったら歯の残りが少なくなったので、詰め物から被せ物に設計を変更したという症例です。


これがむし歯を取って形を整えた写真です。
色合わせ中
CIMG5743.jpg


これが被せ物が入ってきた写真です。
CIMG5801.jpg

CIMG5802.jpg
患者さんにも、どこにかぶせ物が入ったか分からないくらい綺麗だと喜んで頂けました。

これからも患者さんに満足していただける治療を提供できたらと思います。
口の中に金属が見えて気になる、という方は是非ご相談ください!


下高井戸・桜上水の歯科・歯医者|パール歯科クリニック
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2(下高井戸駅徒歩5分)
TEL:03-5300-6480(ムシバゼロ)
診察時間:月~土 【午前】10:00~13:30【午後】14:30~19:00
※休診日:日曜、祝日
一般歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング

床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。

TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック

世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

2015年5月 2日

院長の大原庸子です。

若いドクターに負けじと、熟練のバリバリの腕の見せ所と、日々頑張っております。

さて、ノンクラスプ・デンチャーについてご紹介します。

名前の通り、金属バネがなく、入れ歯を装着していると気付かれない入れ歯です。

DSCF0089.jpg

通常、義歯は口の中でのがたつきをなくすために、固定する場所に金具のフックを

必要とします。このフックの部分が、特殊なプラスチックの材料

出来ているため目立たないのです。

部分入れ歯を使っている多くの方の悩み

「金具が見える」、「さびる」、「違和感がある」、「におう」などなど、

沢山ありますが、ノンクラスプデンチャーはこの悩みを解消してくれます。

「見た目がとても自然」、「健康な歯を削る必要がない」、

「薄く、装着時の違和感が少ない」、「割れにくい」など

優れた様々な特徴を持っています。

当院でノンクラスプ・デンチャーを入れていただいたお客様も、審美面、機能面で、

大変に喜ばれています。

「今まで入れ歯は持っていたけれど、どうしても合わなくて、気になって...。
 
 見た目も、金具が見えるから、人前で笑えなくて...。
 
 新しい入れ歯を入れてから、マスクしなくていい。それだけでうれしい。
 
 人前で思いっきり笑える。幸せです。」

 
DSCF0084.jpg

また、体に有害なモノマーが少ない、あるいは含まない素材のため、

人体に優しく安心してご使用いただけます。

ノンクラスプ・デンチャーの生みの親は、歯科技工士さんです。

歯科技工士の特殊な技術、発想が、皆さんのお口の悩みの解消をもたらしたのです。

値段も、10万円と従来の自費の金属床に比べ、低価格で提供しています。

体に安全なものを。パール歯科クリニックは皆さんの健康を第一に考えて

日々診療しております。

入れ歯のお悩み、いつでも相談にのります。

ちなみに小尾先生は入れ歯作り上手なんですよ。高齢者に人気があります。

下高井戸・桜上水の歯科・歯医者|パール歯科クリニック
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2(下高井戸駅徒歩5分)
TEL:03-5300-6480(ムシバゼロ)
診察時間:月~土 【午前】10:00~13:30【午後】14:30~19:00
※休診日:日曜、祝日
一般歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング

床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。

TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック

世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

2015年4月 2日


こんにちは歯科医師の水谷です。

今回は歯の土台としていれたファイバーコアをご紹介します。

根の神経の治療をした歯は基本的にはまず土台を立てて、

そのあと最終的な歯の形をした被せ物を入れていきます。

toriminngu1.jpg

土台は見えなくなってしまいますが

残っている御自分の根の部分と、

上の補綴物を接着維持させるのに重要な役割を担います。

毎日のお食事等で歯には大きな力がかかっています。

そして土台の先にその力が集中します。

過去にはメタルの土台が主流でしたが、メタルは歯より強靭ですので、

力がかかった時に歯の根っこを割ってしまうことがあります。

toriminngu2.jpg

メタルのコアにより実際の根が破折している症例です。
toriminngu3.jpg

実際のカメラの写真のほうが見やすいかもしれません。

土台を外しているところです。

歯の左上から右下にかけて破折のラインがあるのが見えますか?
toriminnguootuki.jpg

この症例では割れてしまっていた方の根を抜いて残りの半分を残すことにしました。

歯の種類や割れ方によっては、抜歯を余儀なくされることも少なくありません。

ファイバーコアはここ15年ほどの間に出てきた素材です。

ガラス繊維の束にプラスチックを混ぜてあります。

ファイバーの特徴としては適度なたわみがあるので、

歯に力がかかった時に歯の根

土台に関しては、残った根っこを守るために土台の方が割れてくれたり

外れてくれたりしたほうがいいケースもあるのです
トリミング4.jpg トリミング5.jpg

また、ファイバーコアの特徴として『光の透過性』があります。
toriminngu6.jpg

根っこの治療をした後に白い被せ物などをお考えの方にもファイバーコアはお勧めです。

ファイバーコアを立てた後白い綺麗な補綴物を入れた症例は、

また次の機会にご紹介させていただこうと思います。

ご質問やご相談がある時はいつでもおっしゃってください。


下高井戸・桜上水の歯科・歯医者|パール歯科クリニック
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2(下高井戸駅徒歩5分)
TEL:03-5300-6480(ムシバゼロ)
診察時間:月~土 【午前】10:00~13:30【午後】14:30~19:00
※休診日:日曜、祝日
一般歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング

床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。

TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック

世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

2015年1月10日

パール歯科クリニックに勤務しております歯科衛生士の小掠と申します。

今日は、歯周病についてお話していきたいと思います。

歯周病とは、どんな病気かご存知ですか?

このように、歯の周りについたプラーク(汚れ)、歯石がついたままの状態が長くつづくと

それがきっかけとなって、歯周病が進行していきます。

はじめは、歯肉が腫れて出血することからはじまり、

進行すると歯を支えてる骨(歯槽骨)がとけていってしまう病気です。

歯周病1★♪.jpg歯周病2★♪.jpg歯周病3★♪.jpg歯周病4★♪.jpg歯周病5★♪.jpg

歯周病は30歳以上で約8割が歯周病あるいはその予備軍とされています。

当医院でも、「私は歯周病になっていますか?」と聞かれることがよくあります。

痛みが一時的なものだったり、または痛くならないことが多いので

歯医者に来るまでは気づかなかったという方もよくいらっしいます。

こちらは、歯を失う原因をグラフで表しています
ogurasann.jpg

歯を失っている原因の 41.8%が歯周病なのです。

30代になったら歯周病を意識されることが大事ですね。

どんな病気か理解していただき、

定期的に歯医者に来られるのが一番の予防方です。

このかたは、30代女性、出産後忙しくてなかなか歯医者にこれなかったかたで

いらしたときには歯周病が進行していました。
小掠さんブログ術前!!.jpg小掠さんブログ術後!!.jpg

歯周病について説明し、短い間隔で何回かお掃除するために

通ってもらうことを理解していただいて

きちんと通っていただいたところ、5ヶ月後にはここまで歯肉が改善しました。

4年経った今でも、定期的に通っていただいていて、

悪化させるこのなくいい状態を保てています。

当院では、定期的にクリーニングするために通っていただくにあたり、

このような歯周病の進行度がわかる、

プローブによる歯周病検査をさせていただいております。
プローブ1.jpgプローブ2.jpgプローブ3.jpgプローブ4.jpgプローブ5.jpg

中には苦手というかたもいらっしゃいますが、

ご自身の歯を守るためですから、ぜひとも検査を受けていただきたいと思います。

パール歯科クリニックにいらした際には、

ちょっと気になることから、なんでも気軽にご相談ください!


下高井戸・桜上水の歯科・歯医者|パール歯科クリニック
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2(下高井戸駅徒歩5分)
TEL:03-5300-6480(ムシバゼロ)
診察時間:月~土 【午前】10:00~13:30【午後】14:30~19:00
※休診日:日曜、祝日
一般歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング

床矯正、検診ご希望の方、お電話でのご予約お待ちしています。

TEL03-5300-6480   パール歯科クリニック

世田谷区桜上水・下高井戸・松原のパール歯科クリニックのホームページはこちら

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
http://www.pearl-shika.com/

パール歯科クリニック
院長 大原庸子

パール歯科クリニックのコンセプトは、「子どもが喜ぶ歯医者さん」。 キッズスペースを設置したり、やさしいドクターやスタッフが、お子さまを虫歯にさせないために様々な取り組みをおこなっています。

デンタル小町とは? デンタル小町

日本歯科新聞という歯科業界向けの週刊新聞にて月に1回連載されている「デンタル小町が通る」というコラムの筆者のことです。

当院院長の大原庸子先生が6代目デンタル小町として、2011年4月から2012年3月まで連載しています。

『デンタル小町が通る』は4人のデンタル小町(女性歯科医師)の立場から臨床や教育、現場で 感じた事、悩んだ事、日常の事、患者さんとの触れ合い、地域の特性などについて率直に綴って ゆくコラムです。