下高井戸の歯科(歯医者)トップへ » 子供のかみ合わせや歯並びをよくするのに小さい頃から気をつけることはありますか?

子供のかみ合わせや歯並びをよくするのに小さい頃から気をつけることはありますか?

赤ちゃんは、やはり母乳を与える方が、口のまわりの筋肉や舌に対して好ましいでしょう。幼児以降は、食事の質、やり方に注意しましょう。
・飲み物やお菓子でお腹いっぱいにしない
・口の中の固形物を飲み物で流し込まない
・前歯で咬み切るような大きさの食べ物
・奥歯でよく咬むような硬めの食べ物
一家団らんで食卓を囲んだり、食事中はTVを消すなどもとても大切なことです。生活習慣のなかで癖にも気をつけましょう。頬づえ、肘つき、猫背、指しゃぶり、舌や唇を咬む、いつも口が開いている、などの癖は、顎の発達や歯並びに影響することがあります。


下高井戸の歯科(歯医者)トップへ » 子供のかみ合わせや歯並びをよくするのに小さい頃から気をつけることはありますか?


パール歯科クリニック