下高井戸の歯科(歯医者)トップへ » 矯正にデメリットはありますか

矯正にデメリットはありますか

デメリットもあります。
デメリットとして3つ考えられます。
まず1つめは、期間です。
ワイヤーを歯につけるタイプの治療とは違い、バネの力や、シリコンのゴムの力などで弱い力で徐々に歯を移動させていくため、どうしても治療期間が長くなります。ですが、強い力で歯を動かすと痛みが出たり、歯や歯のまわりの組織に負担をかけてしまいます。最適な力で無理なく治療を進めていくためにも、期間は必要になります。
次に2つめは費用です。
矯正治療は保険適用外の自由診療になります。ですので保険が利かないため全額負担となります。ですが医療費控除などを活用すれば払いすぎた税金分が戻ってくる場合もあります。
さいごの3つめは、違和感です。
お口の中に大きな装置を入れるため、慣れるまで違和感をおぼえる方もいます。歯を移動させていく過程で、歯のまわりの組織も変化していくため、装置がいわゆるクツずれみたいに違和感を感じる方もいます。そして、咬みあわせも徐々に変化していくため、矯正の途中では一時咬みにくくなることもあります。ですが、一定期間装置を入れていくと慣れます。クツずれの違和感は装置を調整することによりすぐ改善できます。


下高井戸の歯科(歯医者)トップへ » 矯正にデメリットはありますか


パール歯科クリニック