医院ブログ|パール歯科クリニック|世田谷区下高井戸駅近くの歯医者|桜上水

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日
24時間受付中 WEB予約 電話での予約

キービジュアル

そもそもインプラントって?どうやって治療するの? 下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

2019年07月31日

前回、インプラント治療のメリット・デメリットについてお話しました。

今日は、実際にインプラント治療とはどんな治療なのかについてお話します!

 

そもそもインプラントとは、人工の材料や部品を体に入れることの総称です。

歯科で言うインプラントは歯を失ったあごの骨に、体になじみやすい材料(生体材料)で作られた

歯の根っこの一部、または歯の根っこ全てを埋め込み、

それを土台にして、セラミックなどで作った人工歯を取り付けたもののことです。

 

 

↑この画像のように、インプラントは

1.あごの骨の中に埋め込まれる部分(インプラント体)

2.インプラント体の上に取り付けられる土台となる部分(アバットメント)

3.歯の部分にあたる人工歯(上部構造)

の3つで構成されていて、1から順に口の中に入れていきます。

 

インプラントの手術は、1回だけ行う“1回法”と、手術を2回に分けて行う“2回法“があります。

 

【1回法】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

1.インプラント体を埋める部位の粘膜を切開して骨を露出させます。

2.ドリルで穴を開けワンピースインプラントを埋め込みます。

3.ツーピースインプラント(インプラント体にアバットメントを連結するもの)の場合には

インプラント体を埋め込み、同時にアバットメントを連結します。

 

 

 

【2回法】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1.上記の1回法と同じようにしてインプラント体を埋め込んだ後上部の穴にカバーを付けます。

切開した粘膜を糸で縫い合わせて1回目の手術は終了となります。

2.インプラント体と骨が結合するまで、治癒期間をおきます。

上あごでは約5ヶ月ほど、下あごでは約3ヶ月ほど掛かります。

個人差があるので、この期間は前後します。

3.2回目の手術はカバーの上の粘膜を切開して、カバーを取り除いた後、

仮のアバットメントを連結します。これで2回目の手術は終了です。

4.粘膜の治癒を2~3週間待ってから、本物のアバットメントを連結します。

 

 

1回法になるか2回法になるかは、あごの骨の厚さや硬さなどが関係してきますので、

手術前にしっかり検査してから決定します。

また、現在どんなお薬を服用されているかなども関わってきますので、

もし歯科以外の病院に通われていて、服用しているお薬がある方は事前に必ず教えてくださいね。

 

次回は、実際に口の中に入るインプラントの素材の種類についてお話したいと思います!

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話

〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日

このページの先頭に戻る