医院ブログ|パール歯科クリニック|世田谷区下高井戸駅近くの歯医者|桜上水

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日
24時間受付中 WEB予約 電話での予約

キービジュアル

日大アメフト、フェニックス復活! 下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

2020年11月7日

台風14号が過ぎた2020年10月11日。

日大アメフト フェニックスが法政大を破り、3年ぶりのアメリカンフットボールの関東学生リーグ1部TOP8に復帰しました。

このニュースは全国に流れ、多くのフェニックスファンを沸かせました。

パール歯科クリニック院長の大原庸子です。

当院も開院以来、フェニックスの選手が通院しています。

このニュースは、私にとって本当に嬉しかったです。

特に今年はフェニックスに対して思入れが強かったので、涙が出ました。

スポーツ歯科をスタートしてから、フェニックスに関わる事が増えてきました。特に今年は選手の様子が以前よりわかるようになりました。

日本一を目指すフェニックス。

診療室での問診時で伝わるいろんなエピソードに触れるたびに、選手を更に応援したくなる気持ちが強くなります。

例えばチームの伝統でチームの各責任者はみな丸坊主にしています。

坊主にすることで自分を清め、責任を持つという気持ちをしっかり持つためです。

主将の伊東選手はいつも熱い言葉を練習中にも問いかけます。

つい先日も練習のミーテイングでも100人の不死鳥たちに、

「試合まであと一週間。練習で分かったと思うけど、見えた自分の課題をしっかりやろう」

と熱いメッセージを送っていました。

伊東主将は100人の不死鳥たちの王です。王らしく威厳を保ち指揮を取ります。時に優しく、時に強く、時に弱く。

メッセージを聞くといつも思うのは、どん底からチームを引っ張て、ここまできたからこそ、想いが厚く、情も強く、仲間を誰よりも思う優しさがあると。

だからこそフィールドに立つと不死鳥の王として決して倒れません。彼につかまったらこうなります。

私が一番、好きな写真です。

今年の日大フェニックスは強い。何と言っても勝つという思いがどこよりも強い。

そして支えているサポーター達への感謝の気持ちを忘れず、いつも伝えています。

皆さん、是非日大フェニックスを応援してください。

日本1へ向かって、毎日頑張っています。

 

 

パール歯科クリニックはフェニックスのサポーターです。

わたしも不死鳥の一員として日本1になるために歯科医療を通してサポートをこれからもしていきます。

 

大原庸子

 

 

 

 

 

 

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話

〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日

このページの先頭に戻る