医院ブログ|下高井戸パール歯科クリニック・世田谷|世田谷区下高井戸駅近くの歯医者|桜上水

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日
24時間受付中 WEB予約 電話での予約

キービジュアル

いびきの治し方は?~原因ごとに対策方法を徹底解説~

2023年12月25日

いびきの悩みを抱える多くの人にとって、質の高い睡眠は大切な目標です。しかし、いびきの原因や対策方法を理解することは容易ではありません。

この記事ではいびきの原因を徹底的に解説し、それぞれの原因に合わせた効果的な対策方法をご紹介します。

また、女性のいびきに焦点を当て、特に女性に役立つ治療法についても触れています。

良質な睡眠を手に入れ、いびきの悩みから解放されるための情報をお届けしているので、ぜひ参考にしてみてください。

どの対策方法が自分に合っているのかを知り、今夜から快適な眠りを取り戻しましょう。

 

 

 

 

 

いびきが発生する原因

 

 

いびきが発生する原因は、主に2つあります。

1.喉周りの気道が狭いため

2.鼻腔の通りが悪いため

いびきを治すためには、まずその原因を把握することが重要です。ここでは、いびきの原因について簡単に解説していきます。

 

 

喉周りの気道が狭いこと

喉周りの気道が狭くなることは、いびきの主要な原因です。睡眠中にこの気道が狭まることで、呼吸の際に空気の流れが制限され気道の通りが悪化します。

 

この狭まった気道に通る空気が振動し、いびきの音が発生します。喉周りの気道が狭くなる主な要因には以下のようなものがあります

 

・舌の根元が喉に落ち込むこと

・扁桃腺の肥大

・喉の筋肉の弛緩

・アルコールや喫煙

 

アルコールや喫煙は喉の粘膜を刺激し、気道の炎症や腫れを引き起こす可能性があります。

 

 

 

鼻腔の通りが悪いこと

もう一つの主要ないびきの原因は、鼻腔の通りが悪いことです。

 

鼻腔は鼻から吸い込む空気が通る場所であり、通りが悪い場合いびきが発生する可能性が高まります

鼻腔の通りが悪くなる原因には以下が挙げられます。

 

・アレルギー性鼻炎

・鼻中隔湾曲症

 

これらの原因を踏まえて、いびきを治す方法について解説していきます。

続いては、それぞれの原因に対する具体的な対策方法について詳しく解説します。

 

 

 

いびきの治し方8選!簡単な対策も紹介

 

 

 

主ないびきの治し方は、以下の通りです。

 

・生活習慣を見直す

・寝る時の姿勢を改善する

・鼻づまりを改善する

・寝る環境を整える

・医療機器を使用する

・マウスピースを使用する

・ナステントを利用する

 

早速今日の夜から実践できる簡単なものも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ここでは、それぞれ詳しく解説していきます。

 

 

生活習慣を見直す

いびきの原因として、不健康な生活習慣が挙げられます。

特に肥満は、喉周りの脂肪が気道を狭めいびきを引き起こしやすくするため、適度な運動とバランスの取れた食事による体重管理が重要です

肥満だけでなく、アルコールやタバコの摂取もいびきの発生に影響を与える要因です。

 

 

肥満

体重超過や肥満は特に首周りの脂肪が増加することで、気道を圧迫しやすくします。

これにより、空気がスムーズに通らずいびきが発生しやすくなります。適度な運動とバランスの取れた食事を通じて体重を管理しましょう。

 

 

アルコール

アルコールは、中枢神経を抑制し喉や舌の筋肉をリラックスさせる作用があります。

これにより気道が狭まり、いびきが悪化する可能性が高まります。就寝前のアルコール摂取は避けることが大切です。

 

 

タバコ

タバコの喫煙は気道を刺激し、炎症を引き起こすことがあります。気道が狭まりいびきの発生リスクが増加するため、喫煙を控えるか禁煙を検討しましょう。

いびきの改善には、これらの要因を積極的に管理することが重要です

健康的な生活習慣の確立と、必要に応じて医師の指導を受けることで、いびきを軽減し質の高い睡眠を実現できます。

 

 

 

 

 

 

寝る時の姿勢を改善する

横向きで寝ることが、いびきを軽減するために効果的な方法とされています。

 

仰向けで寝ると舌が後ろに落ち込み、気道を塞いでしまうことがあるためです。

そのため、横向きで寝ることを試すことが推奨されます。

 

横向き寝を促進するために、特殊な枕や寝具を使用することも検討してください

 

これらのアイテムは頭と首の位置をサポートし、快適な横向き寝をサポートします。

また、頭を少し高くすることも気道を開きやすくし、いびきを軽減するのに役立つことがあります。

 

適切な高さの枕を選び頭部をやや持ち上げることで、いびきの発生を防ぐことができます。

これらの方法を組み合わせていびきの問題を改善し、より良い睡眠を実現しましょう。

横向き寝や枕の選択は、いびき対策において簡単で効果的なアプローチです。

 

 

 

 

鼻づまりを改善する

鼻づまりもいびきの一因です。

鼻づまりの状態だと口呼吸が増え、口蓋垂やのどの筋肉が緩んでいびきが発生しやすくなります。そのため、鼻づまりの改善はいびき対策に効果的です。

 

鼻づまりの原因としては、アレルギーや風邪が考えられます

 

アレルギー性の鼻づまりの場合、適切な薬物療法やアレルギー対策を行うことが大切です。

風邪による一時的な鼻づまりの場合も、鼻薬などを使用して改善を図ることができます。

 

また、加湿器を使用することで室内の湿度を適切に保つことができます。

適度な湿度を保つことで鼻の通りが良くなり、口呼吸を減少させる助けになります。

 

鼻呼吸を促進するための鼻腔拡張テープの使用も考えられます。これらの対策を組み合わせて鼻づまりを改善し、いびきを軽減しましょう。快適な鼻呼吸がいびき対策に役立ちます。

 

 

 

 

寝る環境を整える

いびき対策において、寝る環境を整えることは非常に重要です。快適な睡眠環境を整えることで、いびきの発生リスクを減少させることができます。

まず静かで暗い部屋が理想的です。外部からの騒音や明るさが睡眠を妨げる可能性があるため、カーテンや耳栓などを利用して安静な環境を作りましょう

 

また、適切な温度と湿度も重要です。

 

寝室が過度に寒冷または暖房が効きすぎている場合、快適な睡眠が難しくなります。

適切な温度と湿度を保つことで、体がリラックスしやすくなります。

質の良いマットレスや枕を選ぶことも大切です。

体に合ったマットレスと枕を使用することで快適な寝姿勢を維持し、いびきの発生を防ぐことができます。

睡眠環境を整えることは深い睡眠を促し、いびきのリスクを軽減する重要なステップです。快適な寝室環境を整えて、質の高い睡眠を確保しましょう。

 

 

 

医療機器を使用する

いびきが重度の場合は、医療機器の使用が推奨されることがあります。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者には、CPAP(持続陽圧呼吸療法)マシンが有効です。

この装置は睡眠中に一定の圧力で空気を送り込むことで、気道を開けていびきを防ぎます。医師の指導のもとで使用することが重要です。

CPAPマシンは、いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療において革命的な進歩をもたらした医療機器の一つです。

 

この装置は睡眠中に一定の陽圧で空気を供給し気道を保持する働きをし、気道の閉塞や崩壊を防ぎ正常な呼吸をサポートします。

CPAP治療はいびきや無呼吸の症状を軽減し、睡眠の質を向上させる効果があります。

 

しかし装置の使用には慣れが必要であり、初めての利用者にとっては適切な設定やフィッティングが必要です。

CPAP治療はいびきや睡眠時無呼吸症候群の症状に悩む人にとって、睡眠の品質を改善し、健康な生活に戻るための貴重なツールとなっています。

 

 

マウスピースを使用する

マウスピースは、いびきの軽減に役立つことがあります。この装置は就寝時に口に装着し、下顎を前方に保持することで気道を広げます。

 

特に以下の3タイプの人にとって、いびき対策としてマウスピースが適しています。

 

・顎関節に問題がなく、正常な顎の機能を持つ人

・下顎が後退しているタイプの顔立ちを持つ人

・鼻詰まりがなく、鼻呼吸ができる人

 

マウスピース治療が自分に適しているかどうかを確認するために、専門医の意見を参考にすることもおすすめです。

 

 

ナステントを利用する

ナステントは、いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療に用いられる医療機器です。

 

 

柔軟なチューブを鼻腔に挿入し、気道を開いて呼吸を容易にする役割を果たします。

使用者は就寝前に鼻に挿入し、夜間の気道の閉塞を防ぎ、いびきの減少や睡眠の質の向上が期待できます。

また、ナステントはその柔軟性と効果的な気道のサポートにより、多くの人々にとって重要な解決策となっています

 

睡眠中の呼吸の安定性を確保するために使用され、これによりいびきや睡眠時無呼吸症候群の症状が軽減するため、健康的な睡眠を取り戻すことができます。

ナステントは睡眠障害に悩む人々にとって画期的な治療法となり、有用性は広まり人気を高めています。

 

 

手術をする

重度のいびきや睡眠時無呼吸症候群の場合、手術が検討されることがあります。手術は他の対策が効果的でない場合や、気道の構造的な問題がある場合に考慮されます。

 

いびきや睡眠時無呼吸症候群の手術は、以下のような種類があります。

 

 

 

口蓋垂と口腔内の手術

口蓋垂やのどの組織を取り除いたり、修正したりする手術が行われます。これにより気道の通りが改善し、いびきや無呼吸の症状が軽減されることがあります。

 

 

 

扁桃腺の摘出手術

扁桃腺が異常に大きい場合は、扁桃腺を摘出する手術が行われます。これにより気道の圧迫が解消され、いびきの改善が期待されます。

 

 

 

下顎手術

下顎が後退している場合、下顎を前方に移動させる手術が行われることがあります。これにより気道が拡張され、いびきや無呼吸の症状が軽減されることがあります。

 

 

鼻腔手術

鼻腔の問題がいびきの原因である場合、鼻腔手術が行われることがあります。鼻の中の組織を修正し、通気を改善します。

 

手術は一般的に最後の手段として検討され、医師との詳細な相談が必要です

手術のリスクや効果、回復期間などを十分に理解し、適切な選択をするために医師の専門知識を受けることが重要です。

 

 

女性のいびきの治し方

 

 

女性は年齢を重ねて女性ホルモンの分泌量が減ることで上気道開大筋の動きが弱くなり、気道が塞がれやすく、いびきをかきやすくなります。

女性のいびきの治し方には、いくつかの効果的な方法があります。

 

まず、横向きで寝ることで舌が喉の奥に落ち込むのを防ぎ、気道が開いた状態を保つことができます

 

体重管理も重要で適正な体重を保つことで気道の圧迫を減らし、いびきを軽減できます。

また、定期的な運動を行うことで全体的な健康状態が向上し、いびきの改善に寄与します。

これらの生活習慣の改善により、女性のいびきは効果的な改善が期待できます。

 

 

 

 

まとめ

この記事では、いびきの治し方についてわかりやすく解説していきました。

いびきを治すための方法は多くあり、中には今晩から取り入れることができるものがあります。簡単にできる対策でも改善できない人には、マウスピースがおすすめです。

 

しかし、マウスピースでのいびきの治療には必ず専門家のアドバイスが必要です。

下高井戸パール歯科クリニックではいびき対策用のマウスピースを提供しており、患者一人一人の悩みに合わせて適切なマウスピースを作成いたします。

無料相談も受け付けておりますので、まずはお気軽にお問合せください。

 

 

下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

大原庸子

 

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話

〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日

このページの先頭に戻る