医院ブログ|下高井戸パール歯科クリニック・世田谷|世田谷区下高井戸駅近くの歯医者|桜上水

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日
24時間受付中 WEB予約 電話での予約

キービジュアル

保育園歯科検診

2022年07月25日

こんにちは、スタッフの岡田です☺︎

暑さも日に日に増し、本格的な夏がすぐそこまで来ていますが皆さん体調はいかがお過ごしでしょうか?
エアコンが欠かせない季節になってきましたが、節電や体調管理には気をつけてこの夏を乗り越えていきましょう(^^)

話は変わりますが、私たちは6月にまつばらけやき保育園の歯科検診に行かせていただきました!

緊張で泣いてしまう子もいましたが、みんなお口を大きく開けてくれました!
加えて、定期的に歯医者さんに通ってくれている子も多く、お口の中がきれいな子もたくさんいました(*´ω`*)

そして3歳から5歳の子どもたちには『6がつ6ちゃんはっはっは』という紙芝居とブラッシング指導を聞いてもらいました。
普段みんなで1つの事を聞く機会が少ない子ども達にとって紙芝居やブラッシング指導はとても新鮮だった様で、みんな真剣にお話を聞いてくれました!

今回は保育園で行ったブラッシング指導の内容をもう一度振り返っていきたいと思います!

①まずは、歯ブラシをグーに持ち『こんにちは』(前に歯ブラシを倒すように)の向きにして持ちます。

②歯ブラシが持てたら左奥歯と前歯と右奥歯に分けて磨き、歯磨きに慣れてきたら上の歯と下の歯に分けて磨いていきましょう!

③次に物をカミカミと噛む噛み合わせの部分を磨いていくのですが、上の歯を磨く時は歯ブラシを『こんにちは』の向きで、下の歯を磨く時は歯ブラシを自分の方に向けて『さようなら』の向きで磨くようにしていきましょう!

以上でブラッシングの方法はおしまいです。
保育園の子ども達は自分の歯ブラシを使って、とても上手に磨くことが出来ていました☺︎

3歳から5歳のお口の中は、乳歯が生え揃い十分に食べ物を食べることが出来るようになります。
そして、5歳頃になると顎も成長し、乳歯が永久歯へスムーズに生え変わるためのスペース(歯と歯の間に隙間)も見られるため、食べ物が挟まりやすくなります。

なので、子ども達が歯磨きを習慣化させていくことも大切ですが、磨き残しが多くなる歯と歯の間や歯と歯ぐきの間、噛み合わせの部分を仕上げ磨きでしっかりと磨いていくこともとても重要になります!

日々の仕上げ磨きやフッ化物配合の歯磨き粉を使用すること、そして定期的な歯医者さんでの検診、クリーニングはお子様のお口を守ることに繋がるので、むし歯のない綺麗な歯を保つためにもぜひ実践してみてください\(^o^)/

 

 

健康な口腔を作り上げてゆくために ~口腔機能トレーニング6月のご紹介~ ★口を閉じる 下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

2022年06月4日

梅雨入りし、雨がしとしと、ぴちぴち、植物や建物、傘、、、色んな物にぶつかり、ちょっとした音楽会になっています。

6月は歯科健診が学校で行われます。

むし歯だけでなく、歯並びも身体の健康発育に必要な健診項目です。

歯並びの問題を抱える子供たちの多くは、口が開くポカン口の傾向があります。ポカン口は、空気中の細菌やウイルス、有害物質を体の中に取り込みやすく、風邪や肺炎を引き起こします。

ポカン口にならないように又はポカン口をどうしたらいいのか?

対策①離乳食のタイミング

赤ちゃんには、原始反射という無意識に出る反応や姿勢があります。

赤ちゃんの口元にスプーンを近付けると舌で押し返す「舌挺出反射」という原始反射がなくなったタイミングが離乳食開始のタイミングです。

舌挺出反射があるうちから離乳食を始めると、舌を前に出して飲み込む間違った飲み込み方を覚えてしまい、口を閉じる事を忘れてしまいます。

通常生後9ヶ月頃、口を閉めることが出来るようになります。

 

対策②口閉じ歯磨き練習

口閉じ歯磨きは飛沫が飛び散らないため、コロナ感染対策にもなります。

歯ブラシを口に入れて唇を軽く閉じるだけ。

口を閉じにくい方は、薄いヘッド、細いスリムなネックのハブラシを使ってみてください。

  

口閉じ歯磨きのコツの動画はこちらのQRコードを読み取りください。

トレーニングは自分の意思が強くないとなかなか上手くいきません。

下高井戸パール歯科クリニックは、日常で誰しもがやっている事に工夫をして、楽しく、気軽に家族全員で出来るトレーニングをご紹介していきます。

 

下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

TEL03-5300-6480

院長 大原庸子

 

 

星野優位選手おめでとう! 全日モトクロス選手権第3戦  身体を動かすためには歯は大切! 下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

2022年06月1日

5月15日 埼玉オフロードビレジにて全日本モトクロス選手権第3戦が行われました。

当院がサポートしている星野優位選手が1ヒート優勝しました。

5人、立っている人の画像のようです 4人、バイク、アウトドアの画像のようです

スタートした瞬間に勝つなと分かる気迫の走りでした。絶対に前を譲らない。前の視界は俺の物。そういった気迫でした。

どの競技もそうですが、気持ちは大事ですよね。

前戦は怪我に悩みましたが、ホームグランドというのもあり、落ち着いていたのでしょうね。支える家族の涙もきれいでした。

私も泣きました。やっぱり命かけているも知っているし、怪我から立ち直るときの恐怖との戦いも目にしてきていおるので、

最後まで走り切ったその姿と1位で帰ってくる嬉しさは感極まります。

今まで20分の周回を2回行う2ヒート制でしたが、一昨年より試合の制度が変わり、15分の周回を3回、3ヒート制となりました。

選手の体力も問われるレースとなりますが、レースの最後の局面を競う本格的な精神戦いが2ヒート制の方が面白かったかなと久方にレースを観戦に行って思いました。

ですが、若手選手にとってはチャンスなので、じわじわと3ヒート目でガチガチに攻めてきます。それを見るのも新しいスターの発掘となるので楽しいですね。

 

さて、スポーツ選手に限らず、身体を動かすためには歯は大切です。

むし歯や歯周病で上手く噛みあわないと、身体を支える体軸が崩れ、転びやすくなります。

入れ歯を入れていない、奥歯を失ったお年寄りは、残った前歯で噛もうと頭を下に傾け、重心が前に傾くため、前かがみになり、杖を突いて歩くようになります。

頭を支える首の筋肉も無理なひずみが生じるため、痛みをおこしやすくなります。

奥歯は歯1本約10~20キロの力を支えると言われています。4本失えば40~80kgの体重を支えられなくなるので前にかがみ、杖に頼るしかなくなるのです。

食事も軟食となるため、限られた栄養素しか取れなくなります。

たまに私は歯肉て食べるからいいのと言う方がいますが、それはいいのだけれど、歩くことの大切さを考えみていてほしいと問いかけをいつもします。

入れ歯やインプラント、ブリッジ、何か奥歯に入れる事で、身体の軸を補正し、歩くという運動を手助けしてくれますよ。

これからは人生100歳医療です。下高井戸パール歯科クリニックは皆様の健康をサポートいたします。

ソース画像を表示ソース画像を表示

 

下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

〒156-0044世田谷区赤堤5-32-2-101

TEL03-5300-6480

院長 大原庸子

 

 

歯を抜いた後の未来は見えてますか?ノンクラスプデンチャーで快適な口腔健康の未来を。 医療法人社団 育友会 下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

2022年05月24日

歯が痛い!

ソース画像を表示ソース画像を表示

むし歯や歯周病で先生から歯を抜かなければダメと言われたけれど、、、、。

今までも、何だかんだ先生に言って、痛みを止めてもらえばそれなりにご飯食べれた。今回もそれで行きたい。

抜くのが怖い。痛みなければ抜かなくてもいい?とどんどんネガティブ気分。

そんな時、どうしたらいい?

診療でよく聞くお声です。

私はいつも、そうですよね。いいんじゃないですか。

抜きたくない。痛みさえ止まればいい。今はいいと思いますよと言います。

ただ、歯が抜けた時の事考えたことがありますか?と聞くと、今までそれを考えたくなかったのか、黙ってしまわれる事が多いです。

今はいいけれど、いつかはそうなる未来が近い事は確かです。

8割がたのドクターがその歯は抜かなければダメな状態だと判断される状況というのはよっぽどな状態だと考えられます。

昔は薬も手軽に入る状況ではないため、細菌による感染症から命を守るためにも抜くことが最善の選択だったと思います。

今は保険医療制度によって、日本国民であれば必要最低限の医療が受けることが出来ます。

歯を抜きたくないというう気持ちがあり、ごねて何とか自分の思うとおりの事が出来るのも、保険医療制度のおかげなのです。

ただ、抜きたくない、何とか薬で抑える。その行為は本当に体にとっていいのか、悪いのか、今一度考えてほしいのです。

グラグラしている歯を、いつも気にして、抜かれないように気お付けて、食事は果たしておいしく取れるでしょうか?

歯一本それぞれ役割があります、かみ切る、かみ裂く、かみ砕く、噛みすりつぶす。

機能しない歯が存在すれば、上手く食べることが出来ないので、食べられるものが限らけますので、栄養が上手く取れなくなり、

ビタミン、亜鉛、タンパク質などが低栄養状態となります。

また上手くかみしめられないため、体のバランスも崩れ転びやすくもなります。

そこで、いつか抜ける事を考えて、次の未来をそろそろ考えていただきたいと思います。

気持の準備しておけば、突然歯が自然になくなってしまったとしても、怖くはないのではありませんか?

次の未来に向けて、私は歯を失ったら、入れ歯なら、ノンクラスプデンチャーをお勧めします。

保険の入れ歯ですと、厚みや、金具がどうしてもつき、審美的にも、嘔吐感、異物感が強いです。

元々、奥に物が入ると気持ちが悪くなる方は、保険の入れ歯は難しい可能性が高いです。

そんな時はノンクラスプデンチャーを考えてみてください。

薄く、金属の金具がつきません。見た目も自然です。

但し、材料が樹脂で、金属の義歯とは違うため、補償が2年と一般的に言われています。

価格について当院では11万円(税込み価格)です。

 

何にも不安なく食事がとれることは、身体にとってとっても良い事です。ストレスがあれば、集中して仕事も出来ません。

身体の健康のためにも、是非、抜けた後の未来を描いてください。

そして少しの勇気を生みましょう。

少しの勇気は新しい未来への一歩です。

ソース画像を表示

下高井戸パール歯科クリニックはあなたの未来を応援します。

下高井戸パール歯科クリニック 院長 大原庸子

 

下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

〒156-0044世田谷区赤堤5-32-2-101

TEL03-5300-6480

院長 大原庸子

当院がサポートしている女子キックボクシング ERIKO選手、勝ちました! 下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

2022年05月14日

ERIKO選手は、女子キックボクシングで活躍している美人選手です。

現在ミネルヴァ日本ランキング ミネルヴァ ライトフライ級 -48.9㎏ 2位です。

2022年4月24日 RISE後楽園大会 音波選手と対戦し判定勝利しました。

体調が万全でないなかの試合でしたが、とてもそうとは思えないくらいカッコいい試合でした。

身体も昨年に比べたらかなりしまっており、身体つくりににかなり頑張ったのだろうと思いました。

トレーナーさんのブログにもERIKO選手の直向きな努力がかかれていました。

・新たなフィジカル導入
・減量方法変更
・減量リカバリー食変更
・記者会見での煽り
・インタビューでの発言など。

「今までやってこなかった事を、ERIKOは聞き入れ取り入れ、今回の試合はプロとして作品を作り上げました。
本当に素晴らしい仕事ぶりでした。プロとしての立ち振舞いを覚え多分色んな成長があった試合だと思います。」

ERIKOプロ11戦目勝利!応援ありがとうございました(^^) | 格闘技 初心者・ダイエット・フィットネスジム トイカツ道場 (tkdj.net)から抜粋

YouTubeにて試合の動画が見れます。ぜひ見てください。

ERIKO選手がつけているマウスガードは当院オリジナルです。

女子キックボクシングのグローブが今年から6オンスから4オンスになり小さくなりました。

その分パンチにの威力が強くなり、歯槽骨骨折、鼻骨骨折など怪我も大きな怪我になっています。

顔の骨折は女性にとってかなりショックです。

その為、マウスガードをいろいろ工夫して作成しました。

かみ合わせも大切です。しっかり食いしばれることは、脳震盪の予防に繋がります。

最近キックボクシングはボクシングより若者に人気の様です。

マウスガードは既製品でなく、スポーツ歯科を理解した歯科医師、歯科技工士が作成したマウスガードでなければ大変危険です。怪我のもとです。

ナイトガードと同じと考えて作る歯医者は逆に危ないです。調べてから予約してください。

当院の作成するマウスガードはスポーツデンティストとマウスガードテクニカルインストラクターの認定資格をもった歯科医師と歯科技工士が作成しています。

スタンダードのマウスガードの価格は高校生までは5000円、大人は10000円からです。

作成にあたっては必ず歯科検診を行ってから作成に入ります。当院が初めとの方の場合、歯科検診代はレントゲン撮影を行うため、4000円~5000円かかります。

 

歯科医療はある意味予防医療なのだと思います。

試合には医者はつきものですが、歯科医師は選手が試合に万全な体制て参加できるように準備するサポーターです。

頑張る女子のサポーターとしてこれからも応援していきたいと思います。

 

下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

院長 大原庸子

 

 

健康な口腔を作り上げてゆくために  ~口腔機能トレーニング5月のご紹介 ~  ★吹く   下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

2022年05月5日

タンポポが彩り、新緑の季節となりました。

もう時期、たんぽぽの綿毛を吹く光景が見られますね。

一般的に吹けるようになるには、生後8ヵ月~1歳くらいと言われています。目安は「ストローで上手に飲めるようになったかな?」です。

唇の筋肉がついてくると、よだれも少し流れにくくなってきます。

吹く動作は、口腔の発育には欠かせません。

頬を膨らませ、口をとがらせる動きをし、お口の周りの筋肉を鍛えることが出来ます。
また、一度息を止めてから吐き出すことで、呼吸器官や肺機能を強くする効果も期待できます。

是非、親子で「吹く」を楽しんでください。ラッパや風船、シャボン玉でも出来ますよ。

下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

TEL03-5300-6480

院長 大原庸子

今年もよろしくお願いします。下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

2022年01月6日

 

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

保育士の菅俣です。

パールも年末年始に一週間のお休みをいただき、スタッフはそれぞれ帰省したり、遊びに出かけたり‥とおかげさまで思い思いのお休みを満喫することができました(๑>◡<๑)

5日から新年の診療も始まりました。スタッフ一同、気持ちも新たに今年も頑張ります!

 

我が家は妹一家が遊びに来たので、二年ぶりに賑やかな新年となりました。昨年のお正月は新型コロナの感染者数もかなり多かったため、自粛して新年会もできず寂しいお正月だったので久しぶりに楽しいひとときを過ごすことができました^ – ^

姪っ子、甥っ子たちも中学生と小学校高学年となり、それぞれ部活や習い事で忙しくなって、なかなか我が家に遊びに来ることもなくなってきました。

私は親と同居しているので妹にとっては里帰りになるわけです。姪っ子たちが小さい頃は、母と私に子供たちを預けて美容院などへ出かけていたことを懐かしく思い出しました。

小さいお子さんがいるお母さんというのは、たとえ短時間でも外出することは難しいですよね。

そこで私は美容院も歯科医院も同じだなと感じました。

「急に歯が痛くなったけど、子供を預かってくれる人がいない」

「治療じゃないけど、歯のクリーニングがしたい」

たとえ30分、1時間といった短い時間でも、お母さまお一人で診療チェアにお座りいただき、リフレッシュしていただけたら‥と思っています。

 

もちろんキッズルームに遊びに来てくれるお子さんたちにも楽しく遊んでもらいたいと思っています。少し前のことになりますがアンパンマンのぬいぐるみたちが新しく仲間入りしました!

アンパンマンをはじめ、バイキンマンやドキンちゃん、食パンマンにカレーパンマン。レアキャラのカビるんるんもいます!その数合わせて14人!

 

みんなキッズルームの窓から通りを眺めるように並んでいるので、歩いているお子さんはもちろん、大人の方たちも立ち止まって見てくれます。

近所の保育園児さんたちのお散歩中のお立ち寄りスポットにもなっているようです( ◠‿◠ )

 

今日は雪の降る寒い日ですが、キッズルームは大勢のお子さんたちの笑い声が響いています!

パールのキッズルームが訪れてくださるお父さまやお母さま、そしてお子さんたちにとって、今年も楽しい場所になってくれることを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始のお知らせ〜下高井戸パール歯科クリニック・世田谷〜

2021年12月28日

本日、年末最後の診療となりました。

本年も残りわずかとなりましたが、当院をご利用いただきありがとうございました。

寒さが増してきております。オミクロン株の感染者が増えてきております、どうぞご自愛ください。

年始は1月5日からとなっています。よろしくお願いします。

今年一年振り返るとスタッフがよく頑張った年と言えるでしょう。
コロナ下で不安もあったと思いますが、頑張ってくれたと思います。

また私事で出勤が思うようにできず多くの患者様や、スタッフに迷惑をおかけしました。
申し訳ありません。
我慢して、無理して、頑張ってきましたが、自分がもう一人では駄目だ、どうにもならない、下向いていたのを、前向いてみました。
不思議なことに、そういう時は必ず今自分に必要とする人がそばにいるのですね。

お客様は神様といいますが、本当にそうだと実感しました。

ありがとうございます。

元気になって、また来年素敵な年となるよう頑張りたいです。

来年もよろしくお願いします。

 

医療時法人社団育友会 下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

院長 大原庸子

当院の継続的な歯周病管理について~下高井戸パール歯科クリニック・世田谷~

2021年12月28日

こんにちは!!
スタッフの富山です(*´꒳`*)

皆さま寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

パール歯科クリニックは本年も多くの患者様方に支えられ、無事年末を迎える事が出来ました。

さて、本日は当院の継続的な歯周病管理についてお知らせいたします!

〈SPT II〉

平成28年4月に保険改定があり『かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所』が新設されました。

当院は令和3年3月にさまざまな条件を満たし、国からの認可を受け『かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所』になりました!

これまで一連の保険診療が終了した後は、虫歯、歯周病予防のためのクリーニングは保険では行えませんでしたが、
これにより一般的に保険を使ったメンテナンスは3ヶ月ごとしか出来なかったものが患者様のお口の状態に合わせて1ヶ月~3ヶ月ごとでも保険内でのメンテナンスが可能になりました。

SPT IIとは歯周病安定期治療のことです。

〈歯周病の特徴〉

歯周病は、歯周組織(歯肉、セメント質、歯槽骨、歯根膜)に発生し、細菌性プラークに引き起こされる自覚症状が少なく知らないうちに悪化する慢性疾患です。

歯周病は良好なプラークコントロールにより長期に安定した状態を維持することが可能です。

良好な歯周組織の維持のためには、患者様の日々のセルフケアに加えて、歯科医院での継続的なメンテナンス治療を受けることが推奨されています。

歯周病は種々の全身疾患(糖尿病、動脈硬化、慢性腎臓病、誤嚥性肺炎など)の増悪因子として注目されています。

歯周病の悪化を防ぐことは、全身の健康維持に寄与し得ます。

・治療内容
指導、歯周病検査、口腔内写真、スケーリング、ルートプレーニング、咬合調整、高濃度フッ素塗布、機械的紙面清掃、知覚過敏処置、う蝕の予防と早期発見・早期治療

・リコール期間
1ヶ月〜3ヶ月
(患者様の口腔内の状況により異なります)

・SPT IIの効果
プラークを除去しお口スッキリします。
セルフ歯磨きでは取れない汚れを取ることで細菌を付着しにくい状態にさせます。
虫歯リスクの安定化します。
歯周病リスクの安定化します。
歯質の強化します。

パール歯科クリニックでは来年もお一人お一人に合わせたお口の健康を患者様と一緒に考え、安心して治療を行えるよう努めてまいります!!

SPT IIについて詳しく知りたい方は担当ドクターまたは担当衛生士にお気軽にご質問下さい(*’ω’*)

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に認定されました!~下高井戸パール歯科クリニック・世田谷~

2021年11月12日

こんにちは‪(*´꒳`*)
スタッフの佐藤です!ここ最近だいぶ過ごしやすい気候になってきましたが、いかがお過ごしですか?♬︎
パール歯科のスタッフは毎日元気に明るく過ごしております!

さて、パール歯科クリニックは、
厚生労働省より、
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
として認定されました!

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所って何…??って思った方が多数だと思います。
今日はそれについてお話ししていこうと思います!

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(この後からは、”か強診”と略してお話しさせて頂きます。)は、
1.虫歯や歯周病の重症化予防
2.在宅、訪問ケアを中心に口腔機能の維持・改善による健康寿命の延伸と、QOL(生活の質)の改善を図る
ことを目的に、厚生労働省が設けた認定制度です!

か強診のメリット、普通の治療と何が違うの?
と思う方沢山いらっしゃると思います。
通常、予防歯科のメンテナンスは自費負担になります。「か強診」のメリットは、保険適用で毎月歯周病や虫歯予防のメンテナンスを受けられることです。症状が重くなってからではなく、良い状態をキープするために、検査・歯石除去・歯面清掃などが1ヶ月ごとに受けられます。
またフッ素塗布に関しても同様です。初期状態の虫歯は丁寧なブラッシングと定期的なフッ素塗布を行えば、削らずに済む可能性が高まります。保険でフッ素塗布を行う場合は、次の治療まで3カ月以上期間を空ける必要がありますが、「か強診」なら予防のために毎月の塗布が可能です。

か強診になる条件は、、?
か強診の歯科医院は、さまざまな条件を満たす必要があります。
条件には、歯科医師や歯科衛生士の在籍人数や、指定された項目の過去1年間における算定実績、医科との連携、指定された設備や備品の設置などがあります。

設備の中にはこのようなものも含まれます!
機器を滅菌するオートクレーブ

ハンドピース滅菌機

かかりつけ歯科医院は2018年現在、全国の歯科診療所の10%にも満たず、どのクリニックでも認定されるわけではありません。

厚生労働省の調査によると、か強診の条件をクリアすることがむずかしい項目TOP3は以下の通りです。
1.複数名の歯科医師、または歯科医師と歯科衛生士をそれぞれ1名以上在籍
2.過去1年間に歯科訪問診療1、または2の算定回数が5回以上
3.歯科用吸引装置(口腔外バキューム)の設置

パール歯科では今後も患者様のお口の健康を守っていくために日々精進していきますので、これからもよろしくお願いいたします( *・ω・ )
か強診について詳しく知りたい方は担当のドクターや衛生士にご質問ください(*˙ᵕ˙ *)

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話

〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日

このページの先頭に戻る