医院ブログ|下高井戸パール歯科クリニック・世田谷|世田谷区下高井戸駅近くの歯医者|桜上水

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日
24時間受付中 WEB予約 電話での予約

キービジュアル

睡眠時無呼吸症候群の治療法でマウスピースは効果ある?詳しく解説

2024年01月9日

 

 

睡眠時無呼吸症候群の治療法の中に、症状が軽度な患者に適用されるケースが多いマウスピース治療があります。

この治療法についての理解が深まると治療選択の幅が広がるため、治療にかかる費用や留意事項についての情報を知ることが重要です。

この記事では睡眠時無呼吸症候群治療用のマウスピースについて徹底解説します。

 

 

 

 

 

そもそも睡眠時無呼吸症候群とは?

 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は寝ている間に呼吸が停止するか非常に浅くなる症状を指し、その影響は睡眠だけでなく日中の生活にも及びます。

睡眠中の呼吸異常により体が酸素不足に陥ることがあり、結果として、日中に疲労感、集中力低下、気分の沈みなどの症状が現れ、生活の質が大きく低下する可能性があります。

 

また、長期間放置すると心臓病、高血圧、糖尿病、脳卒中などの健康リスクが増加し、生命にも危険を及ぼす重大な病気となります。

睡眠時無呼吸症候群は主に「閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)」と「中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)」の2つのタイプに分類され、それぞれ異なる原因と特徴があります。

 

 

 

 

 

 

マウスピースの特徴について解説

 

 

睡眠時無呼吸症候群の治療に、マウスピースが使われることがあります。

マウスピースとはどのようなデバイスなのか、そして治療にかかる費用はいくらなのかについて詳しく解説していきます。

 

 

 

 

マウスピースとはどのような器具なのか

 

睡眠時無呼吸症候群の治療に使用されるマウスピースはスリープスプリントとも呼ばれ、特定の方法で装着される装置です。

このデバイスは睡眠中に患者の下顎をわずか数ミリ前方に移動させ、

位置を固定する役割を果たします。この動きにより舌が喉に沈みにくくなり、気道が広がりいびきや無呼吸の発生を防ぐのです。

 

 

 

また、マウスピースを使用中は口呼吸が難しくなるため、鼻呼吸の習慣を促進するのにも役立ちます。

一般的なイメージとしてマウスピースはスポーツ選手が使用するマウスガードや、歯ぎしりを防ぐための市販のデバイスと混同されることがあります。

しかし、睡眠時無呼吸症候群の治療を目的としたマウスピースは異なり、通常は歯科医によって個々の患者に合わせて作成されます。

マウスピースは通常はいびきや軽度から中程度の睡眠時無呼吸症候群の症状を軽減するために使用されますが、重度の場合には効果が限定的なこともあります。

 

 

 

 

 

マウスピースの費用

2004年以降、睡眠時無呼吸症候群用のマウスピース治療は健康保険の適用対象となり、自己負担額は一般的に1万円から2万円ほどです。

ただし医師の診断に基づき、睡眠時無呼吸症候群と診断された場合に限ります。いびきの症状だけでは保険の適用対象外で、全額自己負担となります。

自費で睡眠時無呼吸症候群用マウスピースを製作する場合、一般的な価格帯は以下の通りです。

 

・ 下顎のみに装着するタイプ(上下顎一体型): 約4万円から6万円
・上顎と下顎の両方に装着するタイプ(上下顎分離型): 約20万円程度

 

これらの価格は医院によって異なり、治療内容によっても変動します。具体的な料金については事前に医院と相談し確認することが重要です。

重要なのは、睡眠時無呼吸症候群の度合い、個々の体質、健康状態に合った治療方法を医師と検討し、選択することです。

治療費用の詳細は、医療機関との相談を通じて決めることがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

マウスピースで睡眠時無呼吸症候群を治療するメリット

 

 

睡眠時無呼吸症候群の治療には、マウスピースを使用することで多くのメリットがあります。

 

 

 

 

以下ではメリットを詳しく解説します。

 

 

 

 

身体的負担が少ない

マウスピース治療は他の治療法と比較して、身体への負担が非常に少ないという大きな利点があります。

マウスピースは下顎をわずかに前方に移動させることで、気道を開放し、睡眠時の呼吸をスムーズにします。

この簡単な動作により、いびきの減少や無呼吸の回避が可能になります。

またCPAP治療などの他の治療法に比べて、マウスピースは不快感が少なく睡眠中の快適さを損なうことが少ないため、患者にとって非常に使いやすい選択肢です。

 

 

 

 

定期的に通う必要がない

マウスピース治療のもう一つの利点は、一度マウスピースが作成されれば、定期的な通院の必要がないことです。

マウスピースは丈夫なプラスチック製で、通常は約5年間使用できる耐久性を持っています。

時折調整やメンテナンスが必要になることはありますが、これは長期間にわたって使用できることを意味します。

患者は定期的な医院への通院の手間や費用を削減でき、日常生活における治療の負担を大幅に軽減できます。

 

 

 

 

 

持ち運びできるので旅行時にも使用できる

マウスピースの小型でコンパクトなデザインは、持ち運びが非常に便利であるという大きなメリットを提供します。

治療中であっても、外出や旅行時にマウスピースを使用することが可能です。

他の治療法と比較して機材を持ち歩く必要がないため、荷物の増加を気にせずに治療を続けることができます。

旅行や出張などでマウスピースを持参することにより治療を一時的に中断する必要がなく、治療の効果を維持することができます。

患者はどこにいても一貫した治療を受けることが可能になり、生活の質を維持しながら症状を管理が可能です。

 

 

 

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群用マウスピースの種類

 

 

睡眠時無呼吸症候群の治療に使用されるマウスピースには、主に以下の2つの種類があります。

それぞれ詳細に解説していきます。

 

 

 

上下顎一体型

上下顎一体型のマウスピースは保険が適用されるため、比較的低い自己負担で作成できるメリットがあります。

通常1万円から2万円程度の費用で作成できるため、財布に優しい選択肢と言えます。

日本では、多くの睡眠時無呼吸症候群患者がこのタイプのマウスピースを選んでいます。

 

また、上下顎一体型のマウスピースは外見が比較的小さく目立ちにくいため、見た目に違和感を感じにくいという利点もあります。

そのため外出時や旅行中にも気軽に使用できます。ただこのタイプのマウスピースは、一部の患者にとって使い勝手が難しいことがあります。

例として圧迫感や閉塞感を感じることがあるほか、嚥下や咳がしにくい場合があります。

歯並びが悪い場合は、痛みや違和感が生じやすいかもしれません。

 

 

 

 

 

上下顎分離型

上下顎分離型のマウスピースは、上顎と下顎の両方に装着するタイプです。

このタイプのマウスピースは患者に合わせて下顎の位置を微調整できるため、

適切な調整が可能。耐久性が高く劣化しにくい素材で作られており、長期間にわたって使用できるのが特徴です。

 

注意点として上下顎分離型のマウスピースは自由診療であり保険が適用されないため、費用面での負担が上下顎一体型に比べて大きいです。

装着時に大きく目立つため、恋人や家族と同居している方は、見た目に違和感を感じる可能性があることも留意する必要があります。

そのため患者の状態や優先する要因に応じて、適切なマウスピースの種類を選択する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

マウスピース治療ができない人

 

 

 

マウスピース治療は多くの場合に効果的ですが、残念ながら全ての人に適しているわけではありません。

特定の条件を満たさない方々にはマウスピース治療が推奨されず、他の治療法の検討が必要となります。

以下の状況に該当する方々は医師と相談し、他の治療法を検討する必要があります。

 

・歯の数が少ない人

・睡眠時無呼吸症候群の症状が重い人

・小学校・中学校以下の学生

 

治療ができない理由とその代替方法についてもそれぞれ詳しく解説していきます。

 

 

歯の数が少ない人

マウスピース治療は装置を歯に固定して行うため、十分な数の歯が必要です。具体的には、歯が20本未満の方には適していないとされています。

歯が不足しているとマウスピースが適切に固定されず、治療効果が得られない可能性が高まります。

 

このような場合、患者様はインプラントやブリッジなど他の歯科治療を検討する必要があります。

これらの治療法は歯の数や質を補い、機能的な咬合を回復させることができます。

 

 

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群の症状が重い人

 

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中の呼吸停止や浅い呼吸が繰り返される病態です。

軽度から中等度の症状にはマウスピース治療が効果的ですが、重度の場合は異なります。

 

重度の睡眠時無呼吸症候群には、CPAP(持続的陽圧呼吸療法)などのより積極的な治療法が必要です。

CPAPは一定の圧力で空気を気道に送り込むことで、呼吸の安定を図ります。

またライフスタイルの変更や手術など、症状に応じた多様な治療オプションが存在します。

 

 

 

 

小学校・中学校以下の学生

 

小学生や中学生など成長期にある子供たちには、マウスピース治療は推奨されません。

これは彼らの骨格や筋肉がまだ発育途中であり、マウスピースによる治療が成長に影響を与える可能性があるためです。

通常高校生以上がマウスピース治療の対象とされています。成長期の子供たちには、成長を妨げない矯正治療法が選ばれることが一般的です。

これには取り外し可能な矯正装置や、成長を促進するための特別な装置が含まれます。

 

以上のように、マウスピース治療は多くの患者にとって有効な選択肢ですが、全ての人に適しているわけではありません。

歯の数が不足している方、重度の睡眠時無呼吸症候群を抱える方、成長期の子供たちなどは、他の治療法を検討する必要があります。

これらの条件に当てはまる方々は、専門の医師と相談し最適な治療法を見つけることが重要です。

 

 

 

 

まとめ

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、睡眠中に呼吸が停止するか非常に浅くなる症状です。

この症状は日中の生活にも影響を及ぼし、長期間放置すると心臓病や高血圧などのリスクが増加します。

治療法の一つとしてマウスピースがあります。このマウスピースは下顎を前方に移動させ気道を広げることでいびきや無呼吸の発生を防ぎます。

治療には身体的負担が少なく、持ち運びが便利で定期的な通院の必要もありません。

ただマウスピースでの治療が全ての人にできるわけではないので、専門家と相談して決める必要があります。

下高井戸パール歯科クリニックでは、個々の患者の状態に合わせたマウスピースを提供し、適切な治療を行います。

睡眠時無呼吸症候群に悩む方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

大原庸子

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療方法について徹底解説

2024年01月4日

 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、睡眠中に呼吸が一時的に停止するか、非常に浅くなる症状を指す重篤な睡眠障害です。

この状態は睡眠の質を大幅に低下させ、日常生活に支障をきたす可能性があります。

この記事では、睡眠時無呼吸症候群の基本概要や原因、治療法について詳しく解説します。睡眠の質を向上させる情報を提供するため、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

 

 

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が一時的に停止するか、もしくは非常に浅くなる症状を指します。

その影響は、睡眠だけでなく日中の生活にも及びます。睡眠中の呼吸異常により十分な酸素を取り込めず、体が低酸素状態になる場合もあります

日中には疲労感や集中力の低下、気分の落ち込みなどの症状が現れ、生活の質を大幅に低下させることがあるため危険な病気です。

 

さらに、長期的にわたり睡眠時無呼吸症候群が放置されると、重大な健康リスクが生じる可能性があります。

心臓病、高血圧、糖尿病、脳卒中などの疾患の発症リスクが増加し、生命にも関わる重大な病気といえるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群は主に「閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)」と「中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)」の二つのタイプに分類されます。

それぞれの特徴と主な原因は以下の通りです。

 

 

 

最も一般的なのは、OSA(obstructive sleep apnea)と呼ばれる閉塞性睡眠時無呼吸症候群です。

本記事では、多くの人が当てはまる閉塞性睡眠時無呼吸症候群について解説しています。

 

 

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群の原因

 

睡眠時無呼吸症候群を引き起こす原因は複数ありますが、主な原因は以下の3つです。

 

・肥満や飲酒など生活習慣

・遺伝的要因と年齢

・アレルギーや鼻の問題

 

ここでは、それぞれの特徴を詳しく解説します。

 

 

肥満や飲酒など生活習慣

肥満は、睡眠時無呼吸症候群の最も一般的な原因の一つとされています。

体重の増加に伴い特に首周りの脂肪が増えると、気道が圧迫され睡眠中に呼吸が妨げられやすくなります。

圧迫により気道が狭くなり、空気の流れが阻害され、一時的な呼吸停止や浅い呼吸が生じることがあります。

 

さらに、アルコールや睡眠薬の摂取も、喉の筋肉を緩ませ、気道を閉塞しやすくする要因となります。

これらの物質が体内に取り込まれると、筋肉の緊張が低下し、気道の壁が柔らかくなり、気道閉塞のリスクが高まります。

特に、仰向けで寝ることが多い人は舌が気道に垂れ下がり、症状が悪化する可能性があります。したがって、肥満による気道圧迫やアルコール・睡眠薬の摂取には注意が必要です。

 

 

 

 

遺伝的要因と年齢

遺伝的要因も、睡眠時無呼吸症候群の発症に影響を与えることがあります。

遺伝的な傾向は気道の形状や筋肉の特性に影響を及ぼし、無呼吸症候群の発症リスクを増加させる可能性があります。

また加齢に伴い筋肉の緊張が低下し、特に喉の筋肉が弛緩しやすくなるため高齢者では無呼吸のリスクが高まります。

これらの要因を考慮することは、適切な治療法の選択に役立ちます。また、年齢による無呼吸症候群の発症リスクは、加齢に伴って増加する傾向があります。

加齢により筋肉の緊張が低下し、特に喉の筋肉が弛緩しやすくなるため無呼吸の発生率が高まることがあります。

高齢者は無呼吸症候群に対する注意が必要であり、定期的な健康チェックや適切な治療法の検討が重要です。

 

 

 

アレルギーや鼻の問題

 

アレルギーや慢性的な鼻の問題も、無呼吸症候群の原因となり得ます。具体的には以下の要因が影響を及ぼします。

まずアレルギー反応によって、鼻の粘膜が腫れて鼻腔が狭くなることがあります。

これにより鼻呼吸が難しくなり、口呼吸が増えます。口呼吸により気道の乾燥が進み、喉の粘膜が炎症を起こしやすくなると、睡眠中に呼吸が困難になる可能性を高めます。

 

さらに、鼻詰まりや副鼻腔炎も気道の障害となり得る重要な要因です。鼻詰まりによって鼻通気が阻害され、気道の通り道が狭くなります。

また、副鼻腔炎は鼻の粘膜に炎症を引き起こし、通気を制限する可能性があります。

これらの鼻やアレルギー関連の問題が存在する場合、治療や管理が睡眠時無呼吸症候群の症状の軽減に向けた重要な措置となります。

アレルギー治療や鼻の問題の適切な管理によって、気道の通気を改善し睡眠時無呼吸症候群のリスクを低減させることが可能です。

 

 

 

 

 

無呼吸症候群の治療法

 

睡眠時無呼吸症候群の治療は、症状の重さや原因に応じて異なります。治療の主な目的は、正常な呼吸を確保し、睡眠の質を改善することです。

ここでは、主要な治療法を紹介します。

 

 

ライフスタイルの変更と自己管理

自分でできる治療方法としては、ライフスタイルを変更することが挙げられます。具体的に、以下の2つを意識すると良いでしょう。

 

・食生活の改善と運動

・睡眠環境の最適化

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

食生活の改善と運動

肥満は、無呼吸症候群のリスクを高める要因の一つです。

そのため、体重管理が重要な役割を果たします。具体的なアプローチとして、次の点に注意することが勧められます。

まず、バランスの取れた食事を摂ることが重要です。過度なカロリー摂取や脂肪分の過剰摂取は肥満を助長し、気道圧迫のリスクを高めます。

 

食事は新鮮な野菜、果物、穀物、健康的な蛋白質を含め、適切な栄養バランスを保つことが大切です。

また、過剰な食事制限は逆効果となることがあるため、食事の質と量の調整に注意が必要です。

さらに、定期的な運動も肥満の予防と管理に効果的です。運動によって体重を減らし、筋力を増強することで、気道の圧迫を軽減する助けになります。

有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、サイクリングなど)や筋力トレーニングを取り入れ、運動習慣を身につけることが重要です。

 

 

 

睡眠環境の最適化

睡眠環境の改善も、無呼吸症候群の症状の自己管理に有益です。

良好な睡眠環境を整えることで、質の高い睡眠を促進できます。

まず、寝室を静かで暗い場所にすることが重要です。外部の騒音や明るさは睡眠の質を低下させる可能性があるため、カーテンや耳栓を利用して対策を施しましょう。

快適な寝具も質の高い睡眠に寄与します。適切なマットレスや枕を選び、寝具の清潔さを保つことが大切です。

また、寝室の温度設定にも注意が必要です。過度の寒さや暑さは快眠を妨げることがあります。適切な室温を保つために空調設備を活用し、快適な環境を維持しましょう。

これらのライフスタイルの変更や自己管理のアプローチは、無呼吸症候群の症状を軽減し、健康的な睡眠をサポートするのに役立ちます。

個々の状況に合わせて適切な対策を取り入れ、無呼吸症候群の管理に取り組んでいくことが重要です。

 

 

 

医療機器を使用した治療

医療機器を使用して、睡眠時無呼吸症候群を治療する方法もあります。

 

 

CPAP療法

CPAP(持続陽圧呼吸療法)は、睡眠時無呼吸症候群の治療において最も一般的な方法の一つです。

この治療法では、特別な装置を用いて一定の圧力で空気を気道に送り込みます。これにより、気道が閉塞することを防ぎ、正常な呼吸をサポートします。

CPAP装置は、患者が睡眠中に鼻または口を通じて空気を吸入する際に使用され、

効果的に症状を軽減する役割を果たします。適切なCPAP圧力の設定が重要であり、医師によって調整されます。

 

 

 

 

マウスピースなど口腔内装置の使用

軽度から中度の無呼吸症候群の場合、マウスピースや口腔内装置が有効な治療法として考えられます。

これらの装置は、患者の下顎を前方に保持し、気道を開放する役割を果たします。特に、舌が気道を閉塞することが原因となる場合に効果的です。

患者の口腔に適合するように調整されるため、医師や歯科医師による適切な評価と調整が必要です。

これらの医療機器を使用した治療法は、無呼吸症候群の症状を改善し、患者の健康と睡眠の質を向上させるのに役立ちます。

治療法の選択は個々の症状と状態に合わせて行われるため、医師との協力が不可欠です。

 

 

薬物療法や手術を受ける

医療機器を使用しても睡眠時無呼吸症候群が改善できない場合には、最終手段として薬物治療や手術を受けることが可能です。

 

 

 

効果的な薬物療法

一部の薬物は、睡眠の質を改善し、無呼吸の発生を減少させる可能性があります。

しかし、これらの薬物は主に症状の管理に使用され、根本的な原因の治療にはなりません。

医師の指導のもとで薬物療法が行われ、患者の特定の症状や状態に合わせて適切な薬剤が選択されます。

 

 

手術を受ける

重度の無呼吸症候群の場合、気道を拡大するための手術が最終手段として検討されることがあります。手術の種類は症状や原因に応じて異なり、例えば扁桃腺の摘出や顎の手術が含まれます。

手術は睡眠時無呼吸症候群の重篤な症例に対する治療法であり、医師の評価と診断に基づいて行われます。手術はリスクを伴う場合もあるため、患者と医師の間で慎重な議論が行われます。

 

これらの治療法は、無呼吸症候群の症状を管理し、患者の健康と睡眠の質を向上させるために選択されるのが一般的です。

適切な治療法の選択は、患者の状態や必要に応じて医師との協力によって行われます。

 

 

 

 

 

無呼吸症候群の治療方法の選び方

 

無呼吸症候群の治療方法を選択する際には、症状の重さや個々の健康状態を考慮することが重要です。

最適な治療法は一人ひとりの状況によって異なるため、以下で解説する選び方を参考にしてみてください。

 

 

 

症状の重さに基づいて選ぶ

無呼吸症候群の症状は、軽度から重度までさまざまです。

軽度の場合、ライフスタイルの変更や口腔内装置の使用が効果的な場合があります。

一方、中度から重度の症状の場合は、CPAP療法や手術が必要になることがあります。

症状の重さを正確に評価することが、適切な治療法を選択するための第一歩です。

 

 

 

 

専門医と相談して決める

無呼吸症候群の治療法を選択する際には、専門医との相談が不可欠です。専門医は、患者の症状、健康状態、生活習慣などを総合的に評価し、最も適した治療法を提案します。

また、治療の進行に伴い、症状の変化に応じて治療法を調整することも重要です。患者自身の意見や疑問も、治療計画を決定する上で重要な要素となります。

 

 

 

 

まとめ

 

睡眠時無呼吸症候群に悩んでいて、ライフスタイルの変更も試してみたけど改善できなかった人には、マウスピースでの治療がおすすめです。

下高井戸パール歯科クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群を改善するためのマウスピースを検討されている方の相談を受け付けております。

日中のパフォーマンスをいち早く改善したい方は、是非マウスピースでの治療に取り組んでみてください。

 

 

 

下高井戸パール歯科クリニック・世田谷

大原庸子

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話

〒156-0044 東京都世田谷区赤堤5-32-2

診療時間 
10:00 ~ 13:30// 
14:30 ~ 19:00// 
  • 休診日 / 日曜・祝日

このページの先頭に戻る